CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
兄弟は多い方がいい?
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    私には実の弟が1人いるのだが、その他にも兄弟と呼び合う仲間は何人か居る。

    実際の兄弟関係に於いては私が兄で弟は舎弟なのだが、その他の兄弟とは私は五分のお付き合いをしている。

    別に私はヤクザ者じゃないが、単なる友人とは違ったお付き合いをする仲間もいるわけだ。

    そんな兄弟たちと会えば「Oh!Brother!」なんぞ言い合って愉快な酒を飲む。

    そんな兄弟は・・・日本人ばかりなのであるが(笑)

     

    このブログは追っかけブログで、昨日落としたブログを再アップしている。

    その仔細を書きたくて、追っかけでアップするわけだ。

    21日に浜松に住む私の兄弟分から電話があって「東京駅に着いたから飲まないか?」との事である。

    彼とはずいぶんご無沙汰しているわけで、懐かしい声を聴くとついつい会いたくなるもんだ。

    新幹線の時間に合わせて16時までという限られた時間だったが、それでも愉快な時間を過ごせたと思う。

    私とは貧乏学生の時代からの付き合いで、その当時はずいぶん愉快な酒を飲んだものだ。

    私たちはバイト先で知り合い、初対面の時から妙にウマが合った。

    ふと思えば、その当時にバイト先で知り合った仲間は何人もいるが、いまだに付き合いが続いているのは彼だけである。

    大学卒業後に彼は地元の浜松に帰り家業を継いだので、しばらく音信普通になっていた。

    後にわかった事だが、稼業は倒産寸前の状態で、遊んでいるヒマなんて無かったとの事である(笑)

    それが、ひょんな事から付き合いが復活した。

    バブル期の銀座でバッタリ出っくわしたのだからビックリである。

    彼は家業を引き継いで2代目のシャッチョになっていて、商談で銀座に出てきていたのだ。

    最初に気が付いたのは私で、隣のテーブルで飲んでいる客が、どうも聞いた事がある声と方言なのである。

    ただ、それでも10年近くのブランクがあるわけで、恐る恐る彼の名前を呼んでみた。

    すると、彼が振り返ったわけで、なんか妙なご対面となってしまった。

    もちろん2人とも仕事中だし、その場では名刺だけを交換して、後日連絡を取り合うようになった。

    彼とは不思議な縁でつながっていると思う。

    たぶん、このブログを読んで笑う事だろう。

    まぁ、彼と話した昔話は・・・彼の名誉のためにここでは書けんのだが(笑)

     

    その当時の学生は、ずいぶんバイト先でいろいろな仲間と交流を深めていたと思う。

    今の若者たちはどうかわからんが、私たちの世代は貧しかったが希望に燃えていたわけで、そんな夢を語り合う仲間となったのだろう。

    なので、たまにはその頃の自分に戻って酒を飲みたくなるのだろうと思う。

    まぁ、私たち2人はとにかくバカ騒ぎばかりしていたが、それでも自分の夢を語り合った夜だってある。

    そんな付き合いは・・・それこそ兄弟みたいなもんだと思うね。

     

    | じじいの独り言 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
    大雪の朝
    0

      JUGEMテーマ:つぶやき。

      こんにちはikeです

       

      昨日の昼過ぎから都内は雪が降り始め夜には積もるくらいの勢いになり、交通網に影響が出て通勤の足は大混乱だった。

      一昨年は年明けに2回ばかり積もるくらいの大雪が降ったが、昨年はほとんど降らなかったもんで、関東在住の人たちは油断していたのかも知れん。

      この雪の中をノーマルタイヤのまま出掛けたり、傘をさして自転車に乗っている人たちの多いこと・・・

      それでスリップしたりするくらいなら可愛いもんだが、事故なんて起こしたら大変だよね。

      悪い言い方をすれば、確信犯とも言える行為なんだよな。

       

      さて、私はこれから自宅の庭木の手入れと、自宅周りの雪かきをせにゃならん。

      庭木は雪の重みで枝が折れまくり、ベランダに吹き込んだ雪で植木鉢にまで被害が出た。

      このブログを投稿してから肉体労働を始めるつもりだが、どこから手を付けていいのかもわからん。

      まったく難儀な話だと思う。

      子供の頃は雪が降ると妙に心が騒いだものだけど、今となっては信じられん話である。

      やはり、子供なんてアホな生き物なのだろう。

      我が家の前は通勤・通学路になっているのだが、こうやってブログを打っている間にも自転車がひっくり返ったりする光景が見えたりする。

      まったくこ奴らが何を考えているのか私にはまるでわからん。

      時間に追われているのはわかるけど、それなら少し早起きすりゃいいだけの話では無かろうか?

      こんな雪の積もった道路を自転車で走ろうとするなんて、一種の自殺行為だと思う。

      きっと、幹線道路では走行不能になった車が放置されているに違いない。

      私が思うに、これこそ犯罪行為ではなかろうか?

      まぁ、私にはそんなアホを救う気も無いし、放置プレイを楽しむだけなのである。

      ちなみに、我が家の周りにはお年寄りの世帯も多いから、私はご近所さんの分まで私は働かなきゃならん。

      なので、そんなアホを助ける余裕が無いのも事実である。

      さて、このブログもそろそろ切り上げて肉体労働に励む時間がやってきた。

      頑張って良い汗をかいてきますわ。

       

      本日は肉体労働をするわけで、終わった後のビールが美味いと思う。

      私はそれを楽しみに働くわけであるが、たまにはこんな美味い酒を飲むのも悪くない。

      ちなみに我が家のおベンツは4Maticなので午後には買い物に出掛け事が出来ると思うが、まだストックしてあるビールは山ほどある。

      こんな事を書いていて自分が事故を起こしたら、それこそ洒落にならんよね。

      もし、ビールが3ℓで足りなかったら・・・近所の居酒屋に飲みに行けば良いだけなのである。

       

       

      | じじいの独り言 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
      酔っ払いの行動を管理する
      0

        JUGEMテーマ:つぶやき。

        こんにちはikeです

        私は強気な発言をする割りに、意外と気が弱く心配性だと思う。

        その原因はわからんが、たぶん幼年期の教育に問題があったのであろう。

        なので、大酒を喰らって記憶がぶっ飛んだ翌朝はビビりまくってしまうね。

        ハシゴ酒の果てに、何かしでかしたかと心配になってしまうのである。

        とりあえず、自分の足どりを確認するために領収書をチェックするのだが…

         

        私は自分の酒量はよくわかっているのだが、規定量をオーバーしているとわかっていても、ついついハシゴ酒をしてしまう。

        まったく、いい年こいたオッサンのやるこっちゃないと思うが、こればっかりは仕方がない。

        だが、この状況を放置するわけにもイカンわけで、それなりのハシゴ酒対策を実施している。

        その方法とは最後に飲むお店を決めて、そこからタクシーで帰宅する事である。

        タクシーの料金なんて変わらんし、領収書には時間も標示されるから、少なくともその日のエンドがハッキリするわけだ。

        最後の立ち寄り先は迷惑だろうが、どうせヘロヘロになって仕上げのウイスキーを飲むだけだから、特に問題は無かろう。

        何かあれば、領収書にコメントが書いてあるから安心である。

        ハシゴをせずに早い時間に切り上げるなら、規定量をオーバーする事も無いから、そのまま電車で帰宅すればいいだけだ。

        これなら記憶がぶっ飛ぶ事も無い。

        最近はこんな飲み方ばかりしているが、いくつかのコースを作って多少は変化を付けるようにしている。

        同じコースばかりだと飽きてしまうからね。

        ここ数年は新橋からスタートするコースが増えた。

        途中経過はいくつかあって、最後の立ち寄り先は2軒に決めている。

        仮にスタート地点が変わっても、酔っ払う前に普段のコースに戻せばエンドはいつもと同じになる。

        なんか夜遊びまで管理されているようで嫌なのだが、記憶が飛んで不安になるよりはマシである。

        コースを決めて飲むのが不満なら、行きつけの店を使わずにすべて飛び込みで飲み歩けばいい。

        たまにはこんな酒もいいかも知れん。

        学生時代に戻って、小銭を握りしめて角打ちで飲み、酔っ払ったら歩いて次の店に移動する。

        こんな酒には領収書なんて必要ない。

        単なる1人の名も無き酔っ払いになって楽しんでいるわけだからさ。

         

        私は基本的に筋の良い酔っ払いであるが、そんな私でも記憶が飛んでいると不安になる。

        何かしでかしたかと心配になるもんだよな。

        ところが、領収書を眺めながら当日の行動を追っていくと、ほとんどの出来事は思い出すもんだ。

        そんな飲み方はしたくないもんだが、大酒を喰らうなら仕方ない。

        そんなストレスを感じた夜は、ハシゴ酒をしないで帰宅してしまうのである。

         

         

        | じじいの独り言 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
        来るべき10年のために
        0

          JUGEMテーマ:つぶやき。

          こんにちはikeです

          昨日は向島の達寿司に新年の挨拶に伺い、午後の早い時間から酒を飲んできた。

          これで新年の挨拶回りも終わり、やっと一段落したところである。

          やはり、年明けの時期は忙しいものだ。

          あと2週間もすれば旧正月になるし、私にとっての2018年はそれから本格的にスタートする。

          1月はバタバタしているうちに終わってしまうもんだよな。

           

          昨年は新年早々からお弔いやらお見舞いやらでバタバタしたが、今年は順調に新年の挨拶回りも終わった。

          後は旧正月から始まる新年度に向けて準備をするだけである。

          けっこう1月は忙しいもんである。

          これからは、酒で疲れた肝臓を労りつつ、新年度の準備をせにゃならん。

          先ずは昨年を振り返ると、慌ただしい中でもずいぶん色々な作業を片付けたと思う。

          それらはすべて後ろ向きな業務の縮小に関するモノばかりだったが、そのおかげで今年からは新たなアイデアをためす事が出来るのである。

          どうせなら、大きな博打を打ってみたいもんだが、そんなネタが見つかるかどうかはわからん。

          ただ、地味に過ごした6年間で退屈しているのも事実だし、今年の目標でもある「過去を清算する」という意味でも派手な事がやりたいと思っている。

          この6年間はいろいろあったが、昨年はその総決算だったのかも知れん。

          私がアロハ屋を始めてから4年間はすべてが順調だったが、途中で一頓挫があり、昨年までの6年間はドツボにはまったような最悪の時期だった。

          そんな10年の総決算も、昨年で終わったような気もする。

          終わってみれば、ひたすら変化の激しい10年間だった記憶しか残っていない。

          そして、本当にこれで一区切りがついたのなら、今年は次の10年に向けての新しいスタートの年になると思う。

          先ずは酒を飲みまくって脳味噌をほぐすべきだろう。

          必死に考えたってアイデアは出るもんじゃない。

          少しバカになっているくらいで丁度良いのである。

           

          私はフリーランスになった事を後悔していないが、スランプに陥った場合はさすがにしんどいと思う。

          だが、良いアイデアが湧くようになればすべてが上手く回るようになる。

          つまり、アイデアの泉が枯れないように注意せにゃならんのだ。

          私は個人的なトラブルでバランスを崩したが、やっとそのダメージから回復してきた。

          だが、まだ脳味噌が回らなくて困っているのである。

           

           

          | じじいの独り言 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
          悪運は強靭な肉体に宿る
          0

            JUGEMテーマ:つぶやき。

            こんにちはikeです

            冬も真っ盛りになって、巷ではインフルエンザが流行っているらしい。

            私は自分の体力を信じているから何も予防措置は講じていないが、そろそろ体力も衰えているはずだ。

            もう、今では昔みたいなケダモノじみた体力は残っていないと思う。

            そんな体力があったのは、遠い昔の20代の頃である。

            そんな私も57歳になり、普通のオッサンになりつつあるのだろうね。

             

            私はこの年まで大病をした事も無いし、それどころか、無理ばかりしてきた割りには健康体を維持している。

            こればっかりは、健康に生んでくれた親に感謝している。

            健康も人間の才能の1つなのである。

            特にフリーランスになれば、健康と云う要素が大事になってくるもんだ。

            寝込んでしまえば何も出来ん。

            まぁ、住む家と米代くらいはどうにかなるが、それでは単に息をしているだけである。

            やはり、健全に暮らし、楽しく過ごすためには健康が大事なのだと思う。

            若い頃はそんな基本的な認識が欠けているから、私は無茶ばかりしていた。

            それでも五体満足で生き延びられたのは、私にケダモノじみた体力と悪運が備わっていたからだ。

            この2つは重要な要素である。

            どちらが欠けても、私は無事に生き延びられなかっただろう。

            もし、この2つの要素が有限であるのなら、私はずいぶん無駄使いをしてしまったと思う。

            だが、体力に関しては、日常の行いでいくらでも調整できる。

            健康的な生活を送り、ストレスを減らせば、まだ10年くらいは現在の体力を維持できるはずだ。

            悪運の強さについては、私に備わった総量がどれくらいあるのかがわからん。

            有限であるなら総量が決まっているはずだが、そもそも『悪運』を測る基準も無いわけで、こればっかりは単に『使えば減る』と言うくらいしかわからん。

            ならば、余らせても意味がないわけで、これからも積極的に悪事に励むべきだろう(コラコラ)

            私は悪運の総量もかなりあると思うから、まだ残りはたくさん有りそうだ。

            先ずは健康に留意して体力を養い、チャンスがあれば悪運を使いきるまで勝負に出るべきなんだろうね。

             

            悪運を呼び込むためには、強靭な体力が必要だと思う。

            つまり、最初に体力ありきで、そんな人間には不思議な生命力が宿るものである。

            私は別に現在の体力に不満は無いし、同世代と競べても劣っていない筈だ。

            だが、若い頃の自分の体力を思えば、普通のオッサンになったとは思う。

            あまり元気になり過ぎるのも危険だが、少しは体力を温存せにゃならをだろうね。

             

             

            | じじいの独り言 | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
            | 1/909PAGES | >>