<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
変わらないスタイル
JUGEMテーマ:日記・一般
こんにちはikeです


さて、お盆休みもボチボチ終わりに近ずいてきたが、この休暇中は冴えない天気が続いていた。
一説に拠れば、このまま秋の陽気になるというのだが、それが事実であれば、我が社も今シーズンの売上をまとめなきゃならん。
例年であれば9月の中旬にシーズンの決算をするのだが、今年に限っては8月末に繰り上げてもいいかも知れんな。
商売として考えるなら...アロハシャツは超リスキーな商品なのである。

冒頭からアロハ屋のオヤジが愚直っているが、このシーズンはスタートが良かった。
ところが、8月に入るや戻り梅雨みたいな天気が続き、売上はガタガタである。
まぁ、こんなシーズンもあるのだろう。
ふと思えば、アロハシャツという狭いジャンルで商売をしていれば、こんなリスクは当然なんだろう。
では、猛暑が続けば売れるかと云えば、そうでもない(笑)
つまり、暑くて売れず、寒ければもっと売れないわけで、どちらにしてもビッグビジネスにはならないジャンルなのである。
しかも、1年の半分は開店休業の状態なんだから世話がない。
それだけ過酷な商売だから、競合が少なくて助かるけどね。
さて、私はアロハ屋がアパレル業界とは思わんが、ここ数年でアパレル業界は衰退したと思う。
今まではメーカー主導でトレンドを作れたけれど、今ではそんなものに誰も騙されないのだ。
つまり、着たくもない服は誰も買わん。
そんな気持ちの悪い服はすべて在庫になっているのだろう。
そんな時代でも昔ながらのオーソドックスなスタイルだけは生き残ると思う。
そんなスタイルは、長い時代を経て磨かれてきたマスターピースなのである。
アロハシャツもそんなスタイルの1つである。
爆発的なブームでも来れば別だけど、そうでもなければ細々ながら売れていくだろう。
私の場合は自分用に毎年1枚アロハシャツをおろす。
ちゃんと会社にお金は払ってあるんだからね(笑)

大手のアパレルメーカーはこの夏の天候不順で大打撃だったと思う。
たぶん、早めに見切りをつけて秋物に勝負をかけるんだろうね。
私の場合は夏の決算を済ませて、冬眠の準備を始めるだけだ(笑)
在庫を管理して、また次のシーズンを待つのである。
今年はスタートが良くて期待したんだけどね。


 

| Aloha Factory | 07:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
肉体の経年劣化
JUGEMテーマ:日記・一般
こんにちはikeです。

愛車VR-6と一緒
私は若い頃から無理ばかりしていたために、この年になって体がガタガタになってきた。
無理をするのは仕方がないが、メンテナンスをしなかったのが問題なんだろう。
今さら後悔しても遅いのだろうけど、この状況を悪化させないように努力するべきなんだろうね。
かと言って、酒を控えるつもりはないけれど...

私の体型は10代後半に完成されて、現在まであまり変わっていない。
もちろん体重は増加して、今では70圓砲覆辰討い襦
だが、まだ肥満体のレベルではなく、かろうじて通常体型を維持している。
恐らく、体型はこれからも変わらんだろう。
ふと思えば、私は体型だけでなく、脳味噌の中身も変わっていない。
痩せてギラギラしていた若者が、いつの間にか普通のオッサン体型になっただけで、肉体的に経年劣化しただけである。
ドロップアウトした若者が、社会の中で生き抜くためには無理も必要だ。
そんな無理を重ねた結果として、今になって体にガタがきているだけなのであろう。
まぁ、そうでもしなきゃ現在の私も無いわけで、生きて居られたかどうかもわからん(笑)
そう思えば、生きているだけでもありがたいもんだ。
寒い夜には古傷が痛むし、二日酔いの朝には頭痛も激しい。
その上、数年毎にぎっくり腰と五十肩も発症するが、これは諦めるしかないだろう。
これらはすべて、私が必死で生きてきた結果なのである。
いくら体がガタガタとは云え、五体満足で居られる事に感謝せにゃならんよね。
そりゃ健康で在るに越した事は無い。
でも、若い頃には傷んだ体のメンテナンスをする余裕なんて在るわけがない。
どうせ、いつかはこうなるのである。
それが早いか遅いかは別にして(笑)

さて、今さら健康に留意しても手遅れだと思うが、何か良いアイデアは無いものかと思う。
可能なのは食生活の改善だろう。
もう、吉牛に涙しちゃイカン年頃なのかもね。
かと言って、芋虫みたいに野菜ばっかりじゃ情けない。
困ったもんである。


 

| Aloha Factory | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
訃報
平素よりアロハファクトリーをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
急なお知らせとなりますが、当ショップのWebマスターの容態が急変し、20日の未明に亡くなりました。
これにより、3月末日までは当店の営業を休止させていただきます。
今後の運営につきましても私自身が混乱しており、まだ結論が出せないで居ります。
自分1人でも運営を続けるつもりではありますが、それもすべての状況を判断してから決定する予定です。
まだ今は何も考えられず、私自身が取り乱している状態なので、取り急ぎのご報告のみとなりますが、ご了承下さいますよう、お願いいたします。

今年は年明け早々から碌でもない出来事ばかり起こっている。
もう、そんなトラブルも一段落したと思っていた矢先に、アロハじじい2号が倒れたという連絡を受けた。
彼岸の入りである17日の事である。
彼は私と遊び回っているくらいの男だし、野蛮な程の体力があるので容態は持ち直すと思っていた。
お見舞いに行くと、大いびきをかいて寝ていたので、私はしばらくそのいびきを聞きながら様子をみた。
私は白髪で天辺が薄くなっているのだが、彼の髪はパラパラ白髪があるくらいで、まだ黒いままだ。
私は1時間ばかり座って彼の寝顔を眺めていたが、頭の中では私たちが知り合った当時の事を思い出していた。
もう30年以上も前の話で、その当時は2人とも元気な盛りだったのである。
彼はサウジで私はイラク、働く現場は別々だったが私たちは1ヶ月遅れのエアメールで連絡を取り合っていたもんだ。
私たちは入社の1ヶ月後には離れ離れになってしまい、日本で再会したのは4年くらい経ってからだったと思う。
その時には2人とも、そのプラント会社を辞めた後だった。
そんな砂漠の中で働いていた頃の風景が、私の脳裏に鮮明に甦ってきた。
彼は見舞いに来た私の存在などわからず、いつものように大いびきをかいて寝ているが、どんな夢を見ていたのだろうか。
特に苦しそうな様子も無いので、私はそっと手を握ってその場を離れた。
その場の状況から判断すれば、私の親父さまが脳梗塞で倒れた時と同じである。
治療が長期化しても、なんとか回復すると思っていた。
それで安心してその場を離れたのだが、それが彼とのお別れになってしまったわけだ。
そして、昨日の朝にこの連絡を受けたのである。
まだ私は彼の死を信じられないでいるが、これは現実なのであろう。
ただ、私はそんな現実を受け入れられないでいる。

我がアロハファクトリーはアロハじじい1号2号のコンビで運営していたが、これはオッサン2人の道楽だったと思う。
一応は法人として利益は出ているが、そんなケチな利益なんかじゃ計れない楽しさがあった。
私たちは仲間内の年間イベントを楽しみ、打合せと称して酒を飲み歩いた。
だが、そんな楽しみも突然に終わってしまった。
アロハファクトリーというWebサイトは残ったが、それを楽しむ仲間は居ない。
今後の方針はしばらく決まらないだろう。

| Aloha Factory | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
謹賀新年
新年明けましておめでとうございます。
旧年中は本当にお世話になりました。
世間では「申は騒がしい」と言われているようですが、実際のところ昨年の国際社会は騒がしい1年だったと思います。
イギリスの国民投票ではEU離脱が決まり、アメリカでは大統領選が行われました。
そして日本国内では熊本地震が起こり、伊勢志摩サミットが行われましたが、大混乱の国際社会の中で日本はまだ平穏無事な情勢だった方ではないでしょうか?
相場の世界では、申年だけでなく酉年も騒がしいと言われているようですから、今年も波乱の要素が多いのかも知れませんね。
波乱の年こそ・・・嵐を呼ぶ男と言われている私の出番なのでしょう(コラコラ!)
与太話はさて置き、今年もよろしくお願いいたします。
アロハファクトリー代表 池内浩一郎 拝  

さて、大晦日の午後は六本木まで墓参りに行き、お墓を掃除してから、嫁さんと親父さまに年末の挨拶と近況報告を済ませてきました。
これで2016年の仕事はすべて終わって、私も新たな気分で新年を迎えたところです。
昨年は個人的には平穏無事な1年でした。
正直のところ、こんなに何も起こらない1年は記憶に無いくらいです。
良かれ悪しかれ平穏無事な1年でした。
もし、人生に夕凪の時間帯があるのなら、昨年はまさにその夕凪に似た年だったのではないかと思います。
そして、そんな時にはついつい過去を振り返ってしまいますね。
いろいろな出来事がランダムに脳裏に蘇るのですが、やはり楽しかった時期の記憶は鮮明に残っているものです。
苦しみや悲しみの記憶ばかりが残ってしまうなら、人間は生きているのが嫌になってしまうでしょう。
そう考えれば、楽しかったころの記憶ばかりが脳裏に蘇るのも当然っちゃ当然の事なのかも知れません。
新年早々つまらない不幸自慢なんてしているヒマはありません。
今年は今までのツケを回収するくらいの勢いで頑張らなきゃイカンですよね。
これから、弟が我が家に遊びに来ますが、景気付けに大酒を喰らってやろうと思っています。
最後になりましたが、この1年がみなさまにとって素晴らしい年になりますよう願っております。
今年もよろしくお願いいたします。


| Aloha Factory | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
悩みを忘れるための酒
JUGEMテーマ:日記・一般
こんにちはikeです。
Blue
私は酒を飲むなら基本的に1人で気儘に飲むのが好きだ。
親しい仲間とバカ騒ぎをしながら飲むのも悪くないけど、そんな飲み方をすると疲れるものだ。
すると、お開きになってから1人でフラフラとハシゴ酒をする羽目になる。
どうにも人疲れしてしまって、頭の切り替えが必要になるのだろう。
そんな時は、キツいボンベイサファイアが妙に美味く感じるのだが(笑)

ボンベイサファイアと云うジンは美しいクリアブルーのボトルに入っているが、見かけと裏腹に度数がキツい。
アルコール度数は47.5度で、並みのウイスキーなんぞより効くのである。
私がリーマン時代にお世話になった酒なのだ。
仕事上のトラブルや、どうにもならない運命に悩んでいた時に、だらしない私の尻を蹴飛ばしてくれたのが、このボンベイサファイアである。
悩みに悩んでも結論が出ない時は在るけれど、そこで優しくされてもどうにもならん。
そんな夜にはボンベイサファイアがいい。
悩みまくってヘロヘロになった脳味噌がシャキッとするくらいの、激しいキックを喰らわせてくれるからね(笑)
私のリーマン人生はボンベイサファイアにお世話になりっ放しだったのである。
それくらい仕事上の悩みは多かった。
そして、その悩みの数だけ、深夜のバーでボンベイサファイアが消費されていたわけだ。
私はウイスキー飲みであるが、リーマン時代最後の10年はボンベイサファイアばかり飲んでいた記憶がある。
それだけトラブルが多かったのだろう。
フリーになった今ではまったく飲まなくなってしまったが、私の生活もそれだけ平和になったのだろう。
今ではロックで飲まず、ワインで割って飲んでいる。
ジンとワインは相性が良いので、程よく酔えるカクテルになるわけだ(笑)
これがカクテルと呼べる代物かどうかはわからんけど、少なくとも私には合っている。
今は酒で気を紛らわせるような仕事上の悩みは無いから、ボンベイサファイアの出番も減ってしまったね。
ありがたい事である(笑)

昨夜はジン無しのワインを飲んで酔っ払ってしまったが、ハードリカー無しで済むのは今の暮らしが平和な証拠なのだろう。
やはり、リーマン時代の私は悩みが多かったのだと思う。
そりゃフリーランスの生活は不安定だけど、くだらない悩みで悶々としているよりはいい。
今ではハシゴ酒も減ったからね(笑)



| Aloha Factory | 05:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
一族発祥の地?
JUGEMテーマ:日記・一般
こんばんはikeです。

私は月に1回六本木に行くが、その用件は墓参りである。
せっかくの六本木なのだが、昼間なので馴染みのお店も開いていないし、バーガーキングでワッパーを喰いまくるだけで引き返してしまう。
それでも、六本木は我が一族発祥の地である。
芋洗坂を歩いているだけで、不思議と気分が晴れるものだ。
私は勝手に自分だけのパワースポットだと思い込んでいるのだが(笑)

さて、我が家の親父さまは六本木で生まれ育ったネイティブである。
だが、先の大戦で芋洗坂の家屋敷と家財は丸焼けとなり、祖父さまの道楽もあって没落し、最終的には都落ちの憂き目に遭ったらしい。
まぁ、そんな浮き沈みはどこの家系にもある昔話だろう。
その結果として、私はとんでもない環境で育つことになったわけだが、別にスラム街で育った事を恥じてもいないし、それをデメリットと感じた事も無い。
むしろ、逞しく育った事には感謝しているくらいである(笑)
それでも六本木に来ると私は妙な懐かしさを感じるのは何故であろうか?
私にとっては単なる出生地であり本籍地でもあるという意味しかない土地なのに、菩提寺に向かう途中で私は不思議な気分になるのである。
Sweet Basilの跡地を見れば、その昔に在った東風というレストランを思い出すし、菩提寺に行けば境内にある井戸のポンプを使いたくなる(笑)
何故か他の街では感じることのできない懐かしい気分になってしまうのだ。
例えば私は赤坂で飲むことが多いが、赤坂の街に対してそんな感情を抱いた事は無いし、自分が育った足立区のスラム街に対しても何も感じない。
ところが自分が生まれた街で本籍地だという理由しかないのに、私は六本木に対して特殊な感情を持っているのである。
実に不思議な心理なのだが、本人にもその理由はわからんままだ。
自分では勝手に「そこにお墓が在るから」だと思っているが、本当の理由はわからん。
ご先祖さまが私にアプローチをしているのかもね(笑)

私は学生時代に赤坂でバイトを始め、仕事がはねてから六本木で遊んだもんだ。
その当時は「六本木にはお寺さんがあるんだよな」というくらいの認識しかなかったはずだが、この年になってみると妙に六本木の街が気になるのである。
ちなみに我が家の親父さまは六本木では滅多に飲まなかった。
飲むなら銀座と決めていたらしい。
ネイティブとしては・・・地元で変な噂になると照れくさいからなのかな(笑)


 
| Aloha Factory | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
謹賀新年
JUGEMテーマ:日記・一般
新年明けましておめでとうございます。

旧年中はアロハファクトリーをご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。
思うように活動できなかった1年でしたが、今年はみなさまのご期待に沿うべく頑張ります。
今年もアロハファクトリーをよろしくお願い申し上げます。

さて、いつの間にやら日が変わり2015年になってしまいました。
まぁ、年が明けたと云っても、昨日の続きが今日なわけで時間の流れは連続しています。
それでも年が変われば気分も変わるもんだよね(笑)
そこで今年はどんな年になるのだろうかと考えているのだが、そろそろインフレの足音が聞こえているような気がするね。
そうなると、Web上の表現などで今までとは違ったアプローチが必要な気がしている。
あまり考え過ぎても仕方が無いのだろうけど、私はこの時代の流れに乗って何かを変えてみたいと思っている。
ここ数年は、私にとって変化に乏しい時期だったと思う。
だけど、それを言い訳にしちゃイカンわけで、そろそろWeb上のシステムや表現を真面目に考え直す時期が来たんだろう。
この怠惰な生活も悪くは無いけど、何かを根本的に変えてみて、どんな事が起こるか確かめてみたいね。
具体的な方策はまだ決まっていないけど、漠然としたアイデアはある。
そんなアイデアを試しながらやっていくしかないだろう。
そのうちに確固たる方向が見えてくるはずだ。
とにかく怠けまくった4年間だったが、そろそろ期限を決めていろいろな事にトライするべきなんだろうね。
今年は頑張ります!

こんなブログを書いているうちに、そろそろ日本酒が回ってきました(笑)
私もなんとか無事に最悪の2014年を逃げ切ったようです。
これで、今年は良いスタートが切れました。
さてさて・・・今年はどんな年になるのかな?
 
| Aloha Factory | 00:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
謹賀新年
JUGEMテーマ:日記・一般
新年明けましておめでとうございます。

旧年中はみなさまにご愛顧いただき、おかげさまで素晴らしい新年を迎える事が出来ました。
スタッフ一同、厚く御礼申し上げます。
新たな気持ちで2014年もアロハ道を究めて行く所存でございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、2004年に私たちはアロハファクトリーを立ち上げ現在に至っているわけですが、いよいよ今年の8月で10周年を迎えるまでになりました。
自分でもよく続いたなぁと思っていますが、その間にいろいろな出来事が在りました。
基本的に遊びに関する事ばかりでしたが、2009年にはトランスパシフィックのチームウエアの製作も受注し、個人営業のアロハシャツ屋としては、地道に実績を積み上げてきたと思います。
個人的にもいろいろありましたが、まぁそれはおめでたい新年に語る事ではありませんね。
とにかく、いろいろあった10年なわけです。
さて、我がアロハファクトリーの今年の抱負としては、スタッフの増強ではないかと考えています。
新しいメンバーを募って、もっといろいろな可能性にトライする時期がやってきたわけです。
2010年以降、個人的な事情もあり、ちょっとばかり活動が停滞しているわけですが、それを挽回したいもんですね。
それから、個人的な抱負としては、もっと遊び回りたいと思っています。
遊びの中から生まれるアイデアが大事なわけで、地味にやっているだけじゃジリ貧になってしまいます。
もっと新しいアイデアが必要なんでしょうね。
そんなアイデアを補充する意味でも、新しいスタッフと遊びが必要なのです。
これからの世の中は、個人の価値観をしっかり持たなきゃイカンと思いますし、そんな価値観はどんどん多様化するはずです。
それに対応していけるアロハ屋だけが生き残って繁栄出来るのでしょう。
アロハシャツにはそんな新しいイノヴェーションを受け入れる可能性が残されています。
それを追究するのが私たちの義務なのではないでしょうか?
ま、日本人が大好きな言葉で語るならば「アロハ道を究める」って言い方がいいような気もします(笑)
取り留めのない内容になってしまいましたが、今年もアロハファクトリーをよろしくお願いいたします。

さてさて、個人としての私はアロハ芸人としてもっと遊び呆けなきゃいけません。
そして、経営者としては新しいスタッフを探さにゃイカンわけです。
これがバンドならメン募で簡単に集まるんですけどね(笑)
アロハ屋の募集なんてどうやってやりゃいいのかわかりませんが、飲んでるうちにアイデアが湧くでしょう(違!)
 
| Aloha Factory | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
Webの大海に浮かぶ島
JUGEMテーマ:日記・一般
こんばんはikeです。

私たちがアロハファクトリーのサイトを立ち上げてからずいぶん経つが、このサイトは相変わらずWebの大海に浮かぶ離れ小島だと思う。
この島は治外法権で、調子のいいオッサンどもが好き勝手にやっている世界である。

私たちは、別に他のサイトとの積極的なリンケージもしていないし、積極的にアクセスを増やそうとも思っていない。

稀に、アロハシャツが好きな人たちが、迷い込んでくるだけである。

まぁ、Webサイトなんぞはアクセス数が多けりゃいいってわけでもないし、これからも私たちのスタイルは変わらんだろう。

 

以前はWebの世界に自分の居場所を確保するためにはホームページを立ち上げるしかなかったが、今ではブログやSNSなんぞで簡単にWebの世界に参加できると思う。

軽い気持ちでブログを立ち上げ、そのまま放置しているケースも多い。

お手軽に出来る分だけ、そんな作り捨てのサイトも増えるんだろうね。

数え切れない程のサイトが、放置されたままWebの海に浮かんでいるんだろう。

非常に無責任な話だけど、それはそれでいいと思う。

少なくとも誰かが一度は上陸した島なんだから、一つくらいは足跡を残せばいい。

幸いにも我がサイトには常駐しているオッサンどもが居るし、このサイトはアクティブである。

あまり商売っ気の無いサイトだが、Webの黎明期に私たちは逆の意味で注目されていた。

何が注目されていたかと云えば、私たちのやる気の無さが評価されたんだよな()

つまり、ECサイトのくせに商品を売る気が無いと思われていたんだよね。

それは事実で、売るものが少ないから売れたら困ってしまうわけである。

呆れた理屈だけど、世の中にはこんなサイトも在るんだよ。

そして、今でもこの方針は変わらない。

私たちは、このサイト内に於いて、自分たちのやりたいようにやる。

当たり前の話だが、このサイト内の自治権は私たちのものなのだからね()

みんながそれぞれの考えで、自分なりのコミューンを作るのも面白いと思うんだ。
今ではSNSなんかでいろいろなコミューンがあるけど、それを自分で作って大きくしていくのも楽しいかも知れん。
まあ、ほかの人たちがどう考え、どう行動するかなんて私の知ったこっちゃない。
私たちは自分のやり方を通すだけである。
我がサイトはそんなWebの大海に浮かんだ独立国なのである。

私は子供の頃から自分勝手で世間の常識なんぞは信じていなかった。
つまり、自分のやり方ですべてが完結する社会がほしかったんだろうね。
なんと生意気なガキであろうか(笑)
そして、今では自分で見つけた孤島を不法占拠して居座っているんだけどさ。

| Aloha Factory | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
謹賀新年
新年明けましておめでとうございます。

旧年中はアロハファクトリーをご愛顧いただきまして、まことにありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
昨年は、このブログも何やら湿気たネタばかりだったような気がしますが、今年は気分も新たに笑えるネタを取り揃えてみたいと思っています。
また今年もお付き合いをよろしくお願いいたします。

さて、新年早々飲み歩いている私ですが、昨年を振り返ると大きな失敗に気が付きました。
それは・・・飲みが足りなかった事です(笑)
それが故に、チャンスに出会う事も無く、地味な生活に甘んじてしまったわけではないでしょうか?
漠然とした下降トレンドに逆らう事も無く、その流れに乗ってしまったのが地味な生活を送った原因だと思います。
やはり、積極的に飲み歩いて、いろいろな刺激を受けるべきだったんでしょうね。
今年はそんな部分を反省しつつ、遊び呆けてみるつもりです(笑)
実は、パーティーにエスコートした美女の1人はこのブログの読者で、彼女から「ikeさんがこんなに放蕩の限りを尽くしているのに大成功したら、みんな喜ぶと思うよ」と言われてこの事実に気が付いたわけです。
確かにそうかも知れんわ(笑)
今までの日本社会なら、私はリーマンを辞めた時点で人生の落伍者決定なわけですが、それがヘラヘラと酒を飲みながら社会的な成功を収めたらどうでしょう?
誰もがリーマンなんて辞めてしまいますよね(笑)
私はその意味でも、脱サラ希望の星になって見たいと思ったわけです。
なんか、正月早々アホな事を書いていますが、うまく行ったら面白いネタだよね。
別に自分のために成功するんじゃなくて、日本の水商売にお金を落とすために成功したいだけなんだから、これって立派な行為じゃないですか(笑)
ただし、飲んでいるだけじゃダメなわけで、資金捻出のために頑張らなきゃイカンわな。
やはり、企業の活動にはそれなりの理念が必要なわけである(エッヘン!)

今年のお正月は穏やかな天気で、素晴らしいスタートを切れたと思う。
元旦の朝にホロ酔い加減でのんびりしていられるのは最高の気分で、私はこうやってお気楽に生きているのが似合っているのだろう。
それが私にとって最高の生き方なのだろうから、無理してそれに逆らうような事をしちゃイカンわけである。
自分の流れに乗れば、遠くまで行く事が出来る。
昨年の私は、川の流れに逆らって上流に向かって必死に船を漕いでいたアホだったのである(笑)
| Aloha Factory | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) |