<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
モンステラの置き場所
JUGEMテーマ:日記・一般
こんにちはikeです。

本日は雨の月曜日だったので、防寒対策も兼ねて自宅の模様替えをやった。
台所に煮炊き用のストーブを出し、ファンヒーターも引っ張り出した。
これでベランダの植木鉢をリビングに入れれば冬支度は完成する。
やっと一段落してブログを書き始めたらこの時間である・・・

さて、本日は室内を冬モードに切り替え暖房器具を準備したのだが、ここまでは楽なもんである。
我が家の冬支度で一番の問題は、植木鉢の中で巨大化したモンステラなのである。
いつの間にやらひと抱えあるサイズに成長し、リビングの中に入れるとかなりのスペースを必要とするのである。
よくある話で、可愛い子犬が巨大化してしまったようなもんだろう。
植物とはいえ生き物だから枯らせてしまっては可哀そうである。
熱帯植物なので極寒のベランダに放置するわけにはいかず、冬場は暖かなリビングに移動させなきゃイカンのだ。
そのために、人間さまの居住スペースが狭くなってしまうのだから、全く難儀な話である。
我が家のリビングは約20帖あるからまだいいが、それ以下だったらリビングが単なる温室になってしまうと思う。
実はおふくろさまはこのモンステラを可愛がっていて、もっとも日当たりの良い場所に設置したがる。
すると私の居場所は限られてしまうわけで、日当たりの悪い北側の隅に追いやられてしまうのだ。
まぁ、私がリビングに居る時間は夕方から2時間くらいだから日当たりは関係ないわけで、日中はモンステラがリビングを占領してぬくぬく過ごしていても何の問題も発生しない。
それにしても、世帯主よりモンステラが偉そうにしているのは悔しいけどね。
モンステラが巨大化するのを知らず、3鉢も購入した私がアホだったのである。
なので、モンステラに責任はなかろう。
冬の夜、暖かいリビングでモンステラを眺めながら飲む酒は美味いものだ。
ただ、その為だけにこれだけの手間をかけるのはどうかと思うけどね。

私はペットを飼いたいと思っているが、現在の生活パターンだとそれも難しい。
ならば、文句も言わず地味に巨大化していくモンステラが私のパートナーに相応しいのかも知れん。
別に花が咲くわけじゃないけど、あの生命力に溢れる姿を眺めているだけでも気分が良くなるもんだ。
これで成長が止まるならいいけど、これ以上巨大化すると置く場所に困るんだけどね。

 
| 園芸 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハイビスカスを買ってみた!
こんにちはikeです。
夜の帳がおりてきました
先週末にデジカメが修理から戻ってきました。
知らせを受けて某家電量販店までGo!
受け取りを済ませて店内をうろうろしていると、Nikonのデジカメが14800円で売っていた(思わず買ってしまった私ってバカ?)
これで、我が家のハイビスカスを撮影してみたいものですね。

昨日はお袋さまとデートだった(笑)
近所のホームセンターまで園芸用品のお買い物デートだったわけ。
私は特に園芸に興味がある方ではないけれど、いろいろと植木なんかを見ていると楽しいよね。
ぶらぶらしているとハイビスカスを売っているじゃありませんか。
ついつい買ってしまったね。
一鉢398円なりを3つほど。
色は赤・黄・ローズの3色です。
上手く育ってくれると良いものです。
ちなみに我がファクトリーのリビングは冬になるとジャングルみたいになってしまう。
植木鉢を室内に移動するからなのだが、気分は熱帯雨林だよね(笑)
特に値打ちのあるような植木は無いのだけれど、長い事一緒に居ると少しは愛着が湧いてくるから不思議なものだ。
時々は飲み残しのビールなんかをかけてみたりするんだよね(笑)
本当は家具なんかも考えた方が良いのだけれど、これは凝り始めるとキリが無いので断念している。
まあ、家具を減らす方向で考えた方が早いかも。
なまじな家具なんかを置くくらいなら、植木を置いたほうがお洒落だと思うしね。
まあ、たかだか20畳くらいのリビングだって、調度に凝り始めたら500万くらいは平気で使ってしまうと思う。
ところがハイビスカスを置くのなら398円×3鉢=1194円で立派な装飾になる。
弱小起業家は家具なんかにお金をかけられないのです(笑)

私は鳥が好きなので、いずれは鸚鵡なんかを飼ってみたいと思っている。
鸚鵡ってリビング・ジュエリーって呼ばれているみたいですね。
名の通り生きている宝石って意味ね。
ハイビスカスの咲くリビングで鸚鵡がばたばた羽ばたいているって素敵だよな。
いずれはね(笑)
| 園芸 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
リビングに植木鉢を移動
おはようございますikeです。

昨日は撮影が中止になったので、ベランダに出ている植木どもを室内に移動した。
けっこう重いものですね。
たいした物があるわけじゃないけど、植木には妙に愛着が湧くものだ。
奴らも一応は生き物だからね。

室内に鉢物を入れると日当たりの良いエリアを占拠されてしまうので腹立たしいが、やはり緑が身近にあると気分が違います。
実は一番鬱陶しいのは「カポック」の鉢だ。
奴は私の身長(177cm)を超えている。
来春には170cmくらいのところでチョン切ってやるつもりです。
(飼い主を超える事は許さん)
本当は、リビングのレイアウトも本格的に考えなければいけないのだが、なかなか手が出せないでいる。
我が家も一般の家庭と同じで、使わない物が溢れているのだ。
数年に一度は勇気を出して物を捨てまくっているのだが、捨てた分だけ増えたりするから始末に負えないね。
数年前からアロハ的なレイアウトを考えているのだが、同居しているお袋さまは冷たい目で私を笑う。
ココハ日本デショって・・・
極論すれば、土鍋と日本酒はどこに置くつもりよ?って事を言いたいんだろうね。
そりゃ解る。
まあ、何度も書いているが、本格的なレイアウト変更は、将来的に湘南に移住してから考えれば良い事かも知れない。
冬でも温室みたいに部屋を暖かくして、短パンにアロハシャツでのうのうとしていられたら最高なんだけれどね。
まあ、今のままでは、冬の間は植木どもに日当たりの良いエリアを占領されて、人間さまは小さくなって震えているしか無いようです。

数年前からハイビスカスを育ててみたいと思っています。
室内に置けば越冬するらしいですからね。
あとはプルメリアなんかも気分かな?
そう言えば、ハイビスカスは放置するとガンガン茂ってくるそうですから怖いよね。
それこそ室内がジャングルみたいになってしまいそうです。
| 園芸 | 05:32 | comments(0) | trackbacks(1) |
バラの手入れが終わりました
JUGEMテーマ:日記・一般
こんにちはikeです。
暑いからベランダでビールじゃ!
先ほど、バラの手入れが終わりました。
手が傷だらけです(笑)
今年のバラは散々な出来でしたが、来年こそは綺麗に咲かせるぞ〜
でも、バラって手間が掛かるんですよね(泣)

ある雑誌で読んだのですが、イギリスの銀行家の発言で「趣味で銀行に勤めているが、私の本業は庭師です」とありました。
ひねった事を言う人だな〜って思いますが、何となくイギリス人っぽいですよね。
生活のレベルが違うとも思いますが、何となく共感を覚える部分もあります。
何と表現したら良いかわかりませんが、仕事なんてどうでも良いって開き直りのような余裕がありますよね。
仕事より大事なものがあると言いたいのかも知れません。
これは私たちアロハファクトリーのスタッフとも、ほんのちょっとだけ共通する部分があります。
仕事をしているだけでは生活に豊かさが無くなってしまいます(笑)
やっぱり生活を楽しまなくてはイカンですね(うはは)
庭師としての仕事が終わり、ビールを飲んでいたら頭が緩くなって来ました。

ではではマハロ〜〜
| 園芸 | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) |