CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
日本サイズへの恨み
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    ここ2〜3日は暖かい日が続いていて、外出するのも軽いパーカーを羽織るだけで済んでいる。

    写真のパーカーはロイヤルアーミーの放出品で砂漠用のデザートカモと云う迷彩柄である。

    軽いと云うより、単なる防風用の上着って感じのパーカーだね。

    イギリス軍の規格はわからんが、確か190/96というサイズだった筈だ。

    身長177cmで体重70kgの私が着るとかなりダボである。

    190/96と云うサイズは…たぶん身長と体重を表しているんだろうね(笑)

     

    私は基本的にダボな着こなしを好むのだが、それはルーズな性格が多分に影響していると思う。

    あまりに体にフィットし過ぎた服装は見た目が暑苦しいし、実際の着心地だって圧迫感がある。

    なので、私は日常用のウエアなら1サイズ大きめのモノを選ぶようにしている。

    ちなみに私の体格だと、USサイズのLでジャスト、XLで程好くダボな着こなしになる。

    ちなみに日本の衣料品は妙な規格になっているらしく、私の体型にはまったく合わない。

    単に小さいだけでなく、各部の長さが合わないのだ。

    日本サイズとUSサイズは基本的に2サイズ違うと思う。

    そして、細部の違いとして顕著なのは着丈と袖丈が短いのである。

    私の体格で日本サイズのシャツを着るとXLではギリギリで、それでも袖丈は悲惨なくらい短くて、着丈も足りずにすぐにシャツの裾がベルトラインから出てしまう。

    安心して着られるのは2XLくらいからだろう。

    私はリーマン時代にスーツとシャツはオーダーしていたが、それはお洒落のためだけじゃない。

    既製品ではどうやっても私の特殊な体型には合わないのである。

    私は異常にリーチが長いのでシャツやジャケットの袖が悲惨なくらい短くなってしまうからである。

    ついでに言えば、私は胴も長い(号泣)。

    そんな私が人並みな着こなしをするためには、スーツをオーダーするしか手段が無かっただけなのだ。

    既製品には滅多に無いが、スーツにはSPと云う規格がある。

    肩幅が広いスポーツマン体型の規格なのだが、そんな規格なら私はSP8号でピッタリである。

    実際のところ、私はSPなんて既成品を見た事が無いし、そんな伝説のツチノコみたいなもんを探す方が手間である。

    なので私はさっさとオーダーする方を選んだだけだ。

    それにしても・・・日本の衣料品もそろそろ規格を変えなきゃダメだよね。

     

    私は日本製の衣料品にかなり恨みを持っていると思う。

    縫製や色柄なんかは素晴らしいのに、私に合うサイズが全く存在しないからである。

    これでは「お預け」を喰った犬みたいなもんじゃないかね?

    なのでアロハファクトリーの製品はUSサイズを基本にするようになったのだ。

    これなら普通のLサイズでジャストフィット、XLならダボな着こなしが出来るわけである。

     

     

    | ファッション | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
    | 1/254PAGES | >>