<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 器より中身が大事 | main | ハシゴ酒 >>
模様替え
おはようございますikeです。
J
やっと部屋の片付けが進むようになってきた。
なぜかと言えば、大量のゴミを出したのでスペースにゆとりが出来たからである。
自分の物を大量に処分して、嫁と使っていた物に入れ替えているわけ。
すると、片付けの最中に、押入れの奥から昔の恥ずかしいGoodsが出てきて赤面したりするものです。

我が家は変則的な間取りである。
1階に私とお袋さまの寝室、そしてバス・トイレと納戸があり、2階は20畳のリビング・ダイニングがあるだけである。
2LDK+Sって感じですね。
しかも玄関ホールが細長く広いので収納スペースがまったく取れない。
よくもまあ、こんな変な家を建てたものである(苦笑)
ただ、建てた当初は、お互いの荷物を減らすというお約束があった。
それが20年も経つうちに反故にされていただけなのであろう。
今回の模様替えでは、それを解消しようとしているわけなのである。
押入れを開けたところ・・・ゴミが出るわ出るわ。
何でこんなガラクタを大事にしまっておいたのかと思う。
その当時は「大事な品」だったのであろう(笑)
元カノGoodsが出てきて、嫁にバレないように始末したり、いろいろ気を使う場面もあったりしたな。
やっと荷物の整理も終わり、それを配置していくスペースも出来た。
これからは、使いやすいように並べ替えていくだけである。
ちなみに、ゴミの大半はお袋さまの衣類であった(笑)
私はリーマン退職時にスーツを大量に処分して、現在ではアロハシャツしか残っていないのである。
お袋さまは・・・OLでもないのになぜ大量のコートやスーツが必要であったのだろうか?
私には女性の心理は理解できない(笑)

私の部屋ではぬいぐるみがベッドを占領している状態である。
今のところ、私は寝ることが出来ずソファを使っている状態です。
50のオッサンの部屋とは思えない状態だよね。
ぬいぐるみの配置に悩む今日この頃である。
| じじいの独り言 | 08:45 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://blog.alohafactory.com/trackback/1019958
[快適な部屋]押入れの達人
東京の快適な一人暮し 快適な部屋20 【押入れの達人】  押入れは厳密にはそれだけで部屋とは言えないかもしれないが、一人暮しにとっては重要な”部屋”なのである。    狭い部屋でタンスの置き場がない時は、中に高さ長さの調節できるハンガーレール(例:パイ
| 快適生活綴り | 2010/09/29 9:37 PM |