<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 怠け者の日常 | main | 少年期の心の闇 >>
2つの方法
JUGEMテーマ:日記・一般
こんにちはikeです。

私たちは余程の富裕層に生まれない限り、定年まで働いて飯を喰わにゃならん。
それを当然と受け止めて働く事が出来るならいいが、そんな不条理な現実を受け入れられない人たちはいくらでも存在する。
私なんぞもその口なんだろうね(笑)
さすがに親には寄生出来ないし、嫌々ながら働いているけど、本音を言えば遊んで暮らしたいと願っている。
いい年こいたオッサンの言う事じゃ無いけど、誰だって同じ事を願っていると思うのだが(笑)

私はある意味では正直者なので、ついつい本音で語ってしまうが、私たちが社会の中で生きていくためには嫌々でも働かなきゃならん。
だが、働くにも2つの方法があると思う。
1つは自分が働く事である(笑)
だが、もう1つの方法としてお金に働いてもらうやり方もあるわけだ。
実は誰もがこの2つの方法はわかっているはずである。
誰もが嫌々ながら二日酔いの朝も出勤しているし、それが賃金という形で収入になるとわかっている。
そして、週末になれば馬券で一攫千金をねらっているじゃないか。
つまり、2つの方法をフル活用して所得のアップを考えているわけである(笑)
真面目に働くだけが金儲けの方法じゃないからね。
お金を働かせて儲けるには頭も使うしリスクもデカい。
だから、一番楽な方法だとわかっていてま、誰もが敬遠するのだろう。
私なんぞは子供の頃からスラム街の中で、そんなリスクの高い方法を選択する人たちに囲まれて育った。
なので「一攫千金」なんて言葉を聞くと、今でもワクワクするね(笑)
今は小市民みたいなネットショップのオヤジをやっているけれど、チャンスがあったら勝負を賭けてみたいと思っている。
つまり、アロハ屋は単なる趣味にして、飲み代はギャンブルで調達するわけだ。
地味に働くだけが金儲けじゃないよね(笑)

私は子供の頃から働かないで暮らす方法を考えているが、56年間の努力の甲斐もなくその答えにたどり着けないで居る。
ハッキリ言って、私にはセンスが欠けているからである。
楽して儲けるにはセンスが必要なんだよね。
私は遊び半分でギャンブルをやるのがお似合いなのかも知れんな。
それでも「一攫千金」のチャンスの意欲だけは維持しておきたいと思っている。
何処にチャンスが転がっているかわからんからね(笑)


| じじいの独り言 | 10:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
他人にただ働きをさせて儲ける。。
| glenn | 2017/03/17 10:31 AM |
>glennさん

世間で話題になっているブラック企業やマルチなんかはその方法で稼いでますね(笑)
それも1つの方法です。
私はわかっていてもその考えには至りませんでした。

大兄には脱帽です(笑)
| ike | 2017/03/17 8:42 PM |









http://blog.alohafactory.com/trackback/1036060