<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『いざ』となったら | main | 平凡な組合せから生まれるもの >>
難しい判断
JUGEMテーマ:日記・一般
こんにちはikeです。

谷中が大好きなike
私は今年のテーマとして『捨てる』という目標を掲げていたのだが、それがじじい2号の死去に伴い 加速しているような気がする。
私は自分の周囲のすべての物事を一旦リセットせにゃならん状況に追い込まれているわけだ。
それは中途半端な『捨てる』なんてテ−マじゃ物足りないくらいのレベルで、法人から何からすべてを捨てなきゃならんのかも知れん 。
別に借金があるわけじゃないからその点では気が楽なもんだけど、今までやってきた事だけに残しておきたい部分も多い 。
その部分だけは何とか存続させたいと思っているのだが…

私はお気楽な男なのでアロハファクトリ−のサ−バ−ド&メインの登録と管理をじじい2号に任せていた。
そして、その経費を私が彼に払っていたのである。
法人化した時点でそれをオ−シャンストリ−ム名義に変更しておけばよかったのだが、契約の更新日はそれぞれのサイトによって違うわけで、面倒になってずるずるとその状態を続けていた。
まぁ、法人なんて言っても個人商店なんだから運営はそんなもんだろう。
この状態であれば、仮に私が先にポックリ逝ってもその後にサイトを存続するかどうかを彼が決められる。
ところが皮肉なもんで、逝く順番が逆になってしまったわけだ。
こうなると契約とは厄介なもんで、解約も名義変更も遺族しか出来んのだ。
しかも、管理会社からはWebサイトのIDやpassも教えてもらえん。
もう、どうにもならん状態なのである。
何とかIDとpassは調べて最低限の作業は出来るようになったが、これだけでも気が狂いそうになる程の労力が必要だった。
今は最低限のオペレーションしか出来んが、じじい2号の納骨後には諸々の引き継ぎもやらなきゃならん。
そして、その時点で改めて捨てるべき物は捨てて、今後の運営を考えなきゃイカンのだろう。
すべてを捨てて身軽になりたい気持ちはあるが、それじゃ今までご愛顧くださったお客さまにも失礼だと思う。
そして、今まで協力してくれたみなさまにも申し訳ない。
そんな事を考えると心中は複雑である。
ただ、年初の目標に向かって背中を押されるかの如く、トラブルが続いている。
もしこの流れが必然なら、これから別の何かが起こるだろう。
それが何かはわからんが。

私にはすべてを捨てて身軽になりたいという願望がある。
ところが、世間には厄介なしがらみも在るもんだ。
こんな私でも一応は一族の頭領だし、自分の意思だけで決められない事も在る。
法人にしても、利益の事だけならすぐにやめてもいいが、少なくとも遺族には報告せにゃならん。
みんなで遊ぶための道具としてやってるだけなんだからね。

 

| じじいの独り言 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.alohafactory.com/trackback/1036093