<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 次は自分の番かもね | main | 寝ていただけの7年間 >>
南風が吹くと
JUGEMテーマ:日記・一般
こんにちはikeです。

単なる酔っ払いのオジサンです
昨日の午後から強い南風が吹き始め、春の嵐はまだ治まらない。
今朝は目覚めてすぐに外に出て、雨混じりの南風に向かって深呼吸をしてみた。
心の中に溜まっているモヤモヤした気分を、強い南風で吹き飛ばしたかったからである。
ネットフェンスに絡まった雑草が吹き飛ばされるようなイメージで、私の心に溜まっているブルースもさっぱりしてほしいものなのだが…

ある説に拠ると、南風が吹くと事故や犯罪が増えると云うのだが、私には何となく理解できる。
まったく根拠の無い理屈なのだが、強い南風には私たちの気分を高揚させる何かが在るような気がするのである。
こればっかりは理屈じゃなくて、DNAに訴えかけるような力強い何か特別な力を感じるのだ。
たぶん、南風には人間の本能的な部分に訴える効果が在るに違いない。
些か不謹慎であるが、その効果が悪い方に働けば、事故や事件が起こるのも不思議ではないと思う。
別に犯罪を容認している訳では無いが、強い南風にはそれだけの精神的な作用が在るのだろう。
私はその効果をプラスの面で利用したいのである。
私には強い南風が吹くとツキ始めると云うジンクスが在るのだが、たぶんそんな精神的な効果を理屈で説明出来ないために、漠然とした『ツキ』という言葉で表現しているのだろう。
本当は、台風一過の晴れた時に吹く南風が最高なんだけど、今朝のような雨混じりの状況だってかまわない。
とにかく南風が吹けば私の気分は最高なのだ。
今回の嵐が私に何を運んでくるのかはわからんが、たぶん素晴らしい何かに違いないと思う。
それを期待しているわけしゃないけど、少なくとも自分の気分はハイになったと思うね。

強い南風が吹くと、我が家では庭木の掃除をせにゃならん。
それが面倒なのだが、それでも南風は大歓迎だ。
停滞気味の状況が変わるような気もするし、本能的な喜びが感じられるからである。
精神的な落ち込みを本能的な高揚感でカバーするのもいいもんだ。


 

| じじいの独り言 | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.alohafactory.com/trackback/1036096