<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< コレクターの心理 | main | 海賊になりたい >>
ミスをするなら
JUGEMテーマ:日記・一般
こんにちはikeです。


バタバタしているうちにGWも終わり、いつの間にやら5月も中旬に入ってしまった。
初夏の日差しが照り付けるようになり乾いた風も爽やかなのだが、私は自宅に引きこもって作業する事ばかりでどうにも冴えない気分である。
今週末はボートの船底塗装をやる予定なのだが、どうにも気分が乗らない。
まぁ、今のうちに厄介な作業をすべて片付けておけば、この夏は思い切って遊べると思うのだが・・・

人間には不思議なバイオリズムがあるようで、どうにも気分が乗らない時がやって来る。
正直のところ、そんな状態になってしまったらどうにもならんわけで、そうならないように予防が大事なのだと思う。
今回の無気力状態は外部要因によって引き起こされたので仕方がないが、自分のミスが原因なら、それは本人のエラーである。
そんなイージーミスで自分のペースを落としたく無いものだと思う。
そして、そんなイージーミスでも大事な局面で起これば、それはリカバー不可能なダメージになってしまうのである。
単なる遅刻だって、普段なら笑って済まされるが、大事な試験に遅れたら人生の方向が変わってしまううだろう。
そうなりゃ落ち込むどころじゃ済まんよな。
バイオリズムにもいろいろあり、短期間で変わる日常的な動きと、一生を左右する大きな変わり目がある。
私はそんな大きな節目でずいぶんミスをこいていると思う。
まぁ、それでも私は五体満足でのうのうと生き延びているわけなのだが、本来であれば、私は世の中の中心で活躍していたはずである(コラコラ)
さて、現在の不景気な気分は短期的なものでいずれは回復するだろうが、それでも周囲で不幸が続くのは嫌なものである。
それに因り私の生産性は低下するし、5月の陽気を楽しめないでいる。
それくらいのダメージで済むなら楽なもんだが、どうにもやる気が起きないのは困ったもんだ。
こんなタイミングで大きな節目が訪れたら大変だよね。
もう私には失敗が許されないのである。
次のチャンスを捕まえ損ねたら、私はアロハ屋として老後を過ごすしかない(笑)
それが嫌じゃないが、もう1回くらいは大きな博打を打ってみたいじゃないか。
今まではそんなチャンスでミスをしてばかりだったが、そろそろ一発逆転のホームランがあってもいい。
まぁ、どうにかなるだろう。

ふと思えば、短期的なバイオリズムの低下なんてたいした事ではないわけで、そんなに心配する必要は無い。
気分が落ち込めば、酒でも飲んでバカ騒ぎをすればいいだけである。
だが、大きな節目で積極的になれないのは困るよね。
そんなチャンスは滅多にあるもんじゃない。
それさえ捕まえればいいのである。


 

| じじいの独り言 | 05:12 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.alohafactory.com/trackback/1036133