<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オフィスビルと住居 | main | 2017年07月27日のつぶやき >>
幸せな状態?
JUGEMテーマ:日記・一般
こんにちはikeです


非常に残酷な話だが、この世の中には幸せな人と不幸な人が存在する。
私はその両方とお付き合いが在るが、この両者の間には大きな違いは無いと思う。
同じような職場で働き、似たような環境で暮らしていても、幸せになる人は勝手に幸せになるものだ。
まぁ、その人が幸せであろうと不幸であろうと、どちらも素晴らしい人には違いないのだが。

私はこの年になっても、自分が幸せなのか不幸なのかよくわからない。
だが、私は悪運だけは強いようで、本来なら死んでもおかしくないくらい無茶ばかりしているくせに、この年になってものうのうとアロハ屋をやっている。
私はこんな非常識な人間なわけで、これでは自分の事を幸不幸という基準で測れないだろう。
そんな私だからこそ、周囲の状況だけは判断出来るのではないかと思う。
実に不思議な事なのだが、私は幸せな人と不幸な人がうっすらと区別出来るのである。
面白いもんで、自分の事を勝手に不幸だと思い込んでいる人は多い。
それこそ、幸不幸の基準は人それぞれなのだろうが、自分の一方的な思い込みで自分を不幸と決めつけるのも如何なもんかと思う。
これなんかは、自分の認識がずれているだけであって、本人の幸不幸とはあまり関係がないような気がするね。
では、本質的な幸せな状態とは何なのであろうか?
私が思うに、その本人にとって良い方向へ向かっている流れに乗っている状態だと思う。
つまり、目先の状況だけでは判断が付かないのである。
ギャンブル等で小さな勝ちが連続する事は珍しくないが、そんな現象の果てにギャンブル中毒になって破産する場合だってある。
途中経過では幸せを感じられても、エンドがそれじゃイカンだろう。
そんなエンドを自分なりに設定できる人は特殊な天才なのである。
なので、私たちのレベルでは特定の瞬間だけを参考にして、その幸不幸は判断出来ないと思う。
ただ、本当に良い方向へ向かっている人には、不思議なオーラがあるもんだ。
ギャンブルで負け続けでも、仕事がトラブル続きでも、そんな状況を次のチャンスに活かしてしまうのである。
ところが不幸な人は...現状では成功していても、それだけで終わってしまうんだよな。

幸せな人は失敗をプラスに転化させるし、成功をもっと大きな成功につなげてしまうものだ。
そして、ある程度のレベルで手仕舞が出来る。
それからは次のチャンスまでのんびり末事が出来るのである。
ところが、負のオーラが出ているような人は、どんなに上手くいっているように見えても、結局は破綻してしまう。
同じように成功しているように見えても・・・両者をよくチェックしてみれば何となくでも発するオーラの違いがわかるのである。


 

| じじいの独り言 | 12:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
イイネ!
| F涼子 | 2017/07/30 9:42 AM |
>F涼子さん

私は自分の事がわからんくせに、他人の状態だと冷静に判断してしまうようです。
幸せな人は、失敗を成功に転嫁させてしまいますね。
私の場合は・・・単なるドジで苦労ばっかりしてますわ。
これは絶対にプラスに転嫁できないと思います(笑)
| ike | 2017/07/31 12:13 PM |









http://blog.alohafactory.com/trackback/1036227