<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 旧盆の準備 | main | 2017年08月12日のつぶやき >>
都内でのバカンス
JUGEMテーマ:日記・一般
こんにちはikeです

さあ!夜をぶっ飛ばそう!
昨日からお盆休暇が始まったが、関東地方は冴えない天気が続いている。
今朝は雨音で目が覚めて、窓の外を眺めれば梅雨のような雨が降っているじゃないか。
いつもなら早くから鳴き出す喧しいくらいの蝉の声も、これじゃ聞こえないわけだ。
雨に煙る東京の街は....別世界のようにただひたすら静まり返っているのである。

昨日は野暮用で都内に出たのだが、私はそのまま居座っている。
当然ながら、都心のターミナル駅にはダークスーツを着たリーマンの姿は見えないし、まだ観光客も起き出してこないようで、駅の構内はガラガラである。
私は駅ナカのコーヒーショップから、そんな非日常的な景色を眺めているわけだ。
すると、自分の存在すら信じられなくなってくるものである。
たぶん周囲の環境が余りにも非日常的なので、自分を含むすべての世界が正確に認識出来なくなっているのであろう。
自分自身はボケーっとコーヒーなんぞを飲んでいるだけなのだが、そんな事実すら現実のものとして理解出来ていないのだと思う。
こんなに静かな都会でぼんやりしていると、普段は人で溢れた環境で時間に追われて暮らしている生活のすべてが否定されたような気分になるのかも知れんな。
まぁ、私の脳味噌はまだ非日常的な環境に適応していないだけなんだろう。
さて、少なくとも明日まではこんな非日常の世界が続くはずだ。
しかし、こんな静かな東京の街もいいもんである。
普段の過剰なまでに忙しない雰囲気も悪くはないが、ただそれだけでは疲れてしまうと思う。
10代の頃はそんなエネルギッシュな雰囲気を純粋に楽しめたのだが、今では酒でも飲まないとそんな気分にはならんよね(笑)
今朝は久しぶりに、静まり返った東京の街を楽しめたと思う。
雨が上がれば観光客もホテルから這い出て来るだろうし、また普段の景色が甦るに違いない。
私は東京の街がほんの一瞬だけ見せる、普段とは別の顔を観てしまったのかも知れないね。
別に普段の生活を否定する必要も無いが、たまにはこんな時間を過ごしながら、非日常的な雰囲気を味わうのも楽しいもんだ。
東京にはいろいろな顔があるけど、こんな姿を見せるのは珍しいと思う。
今では年に2回だけしか見えないけどね。

さて、本日はこれから帰宅して、改めて夜の巷に繰り出そうと思う。
夜の繁華街はガラガラだろうけど、そんな時こそ夜の深さが楽しめるかも知れない。
休暇の時期にバカンスを楽しむのもいいけど、せっかく都内が静かになっているんだから、いつもと違う街を楽しむのもいい。
今夜あたりは東京の夜を独り占めできるような気がするね。
これだって立派なバカンスなのである。


 

| じじいの独り言 | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.alohafactory.com/trackback/1036247