<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アメリカ製の小物入れ | main | 中年男の悩み >>
アロハマン爆睡中
JUGEMテーマ:日記・一般
こんばんはikeです。
爆睡
この写真はお世話になっている某バーのママさんに撮ってもらいました。
私はいつもこんな風に寝ているようです(←困った奴!)
関係各位には多大なご迷惑をおかけしております、平にご容赦を・・・
私の実感として、飲むお酒の種類によって酔い方は微妙に変わると思います。
試しに自分自身を人体実験のモルモットにして、確認した感想を報告してみますね。

1.日本酒 
度数が低い割に、体の芯が溶けるような「どよよ〜ん」とした酔いが来る。
私が一番苦手とするお酒ですが、ただし味覚的には一番美味しいと思います。
通常は辛口を冷で飲むが、鍋物を突きながら燗酒も悪くない(この場合甘口も可)
基本的には、辛口のシャパシャパした水みたいな飲み口が好みだ。
代表銘柄「菊水」「千代の光」など。

2.ウイスキー(バーボン)
バーボンは濃い目のソーダ割りかロックが美味しいですね。
あんまり酔っ払いたくない場合はソーダ割り、でも私は基本的にロックが大好き。
最初の1杯はきついキックが来るが、2杯目からはスムーズに喉を通る。
「もわ〜」っとむせるような香りと甘味が良いですね。
ガンガン飲んで酔っ払うと、突然にバタっと落ちる(笑)
いつもこれでやられるのだが、私はまったく懲りない(←おいおい!)
実に美味しいお酒だと思う。
代表銘柄「ワイルドターキー」「オールドクロウ」など。

3.ウイスキー(スコッチ)
私はスコッチはちょっと苦手かも知れません。
飲む場合は基本的にロックですが、ウイスキーウオーターが美味しいのはスコッチですね。
(バーボンの水割りなんて飲めないでしょ?)
シングルモルトに凝りだすと、泥沼にはまりそうで遠ざけているのかも知れません。
年間で3本くらいの量しか飲まないので、あまり品評できないのです。
代表銘柄「デインプル」ちなみに自発的にはこれくらいしか飲みません。

4.ビール
私の場合、ビールで酔っ払うには最低3リットルくらい必要だ(笑)
そこまで飲むと胃袋がかったるくなってくる。
「自然に呼ばれる」回数(トイレの回数)が増えるから、トイレの位置とお店の収容人員の確認が必要ですね。
夏の海岸などで飲むビールは、喉で味わう感覚が最高だ。
基本的にはアメリカ系の軽い味覚が喉越しに合うと思う。
代表銘柄「バドワイザー」「クアーズ」

大した味覚も無いくせに、偉そうな事ばかり書いていますね。
味覚云々どころかいつもターキーのロック飲みで爆睡しているだけなんです。
やっぱり101プルーフ(50.5度)のアルコール濃度で眠らされてしまうのでしょう(うう)
自分で「眠たいサラリーマン」と名乗っていた時期もあります。
いい加減に自分の限界を知るべき年齢なんですが・・・(笑)
| | 01:14 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://blog.alohafactory.com/trackback/404892
ワイルドターキー シェリーシグナチャー 43度
こんばんは、酔っ払い管理人です。 今日は、バーボンにしようかな? 少し前の話になるのですが、エンプティ で出会った、ちょっと変わったバーボンの話です。 (しかし、この酔っ払い、ネタ元がエンプティ と博多どかどか団 がほとんどですね。だからどうってワ
| 目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求めて! 酒日記 | 2007/02/26 12:02 AM |