CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 何かを捨てると何かが始まる | main | 諭吉が我が家に押し寄せた >>
乗り越しの快楽
0

    JUGEMテーマ:ひとりごと

    こんにちはikeです

    私は非常に寝付きが良いタイプで、何時でも何処でも直ぐに寝てしまう。

    それどころか、電車やタクシーの中は最高のベッドだと思っている。

    適度な振動と車内の暖かさが、程好い眠気を誘うのであろう。

    リーマン時代は終電に乗って、とんでもない場所まで乗り越したもんだ。

    それに懲りて、タクシーを使うようにしたけれど...それでも乗り越しは続いたけどね。

     

    私はそこそこ飲んで、血中アルコール濃度が一定量を越えると『ストン』と落ちる事がある。

    落ちるのはほんの一瞬なのだが、突然ストンと落ちるのである。

    例えて云えば、柔道で落とされるのと同じである(笑)

    別に絞められて落ちるわけじゃないが、ほんの数秒だけ気絶しているのだろう。

    あれは気持ちが良いもんだ。

    私は日本酒を飲むとそんな案配で気持ち良く落ちる事がある。

    もちろん、直ぐに『ハッ』と目が覚めるし、元に戻ればその後も飲み続けるのだから世話がない(笑)

    まぁ、これくらいなら問題は無かろう。

    問題になるのは、電車やタクシーでの乗り越しである。

    これから寒くなると、車内の暖房が気持ち良くなってくるわけで、ついつい寝落ちしてしまうのだ。

    私は電車で寝過ごして、とんでもない場所に連れていかれた事が何度かある。

    もはや観光地みたいな駅で目が覚めたりしたわけだ。

    水戸や熱海あたりが私の乗り越しのレコードであるが、中央線で高尾と東京を往復したり、山手線を1周したりしているね。

    そんな寝過ごしは、ほとんど冬季に集中している。

    つまり、あの車内の暖房が私には快適過ぎるのだと思う。

    なので、飲んだ帰りにはタクシーを使うようになったのだが、それでも私は乗り越してしまう。

    自宅の近くで運転手さんは私を起こしてくれるのだが、私は寝ぼけて『あ〜まだ真っ直ぐね』なんて言うのである。

    そんなやり取りが何度か続き、けっこう遠くまで乗り越してしまうわけね。

    これはすべて私が悪いのだ。

    これから寒くなると、こんな恥ずかしい失敗をするんだよな。

     

    私は寒くなると日本酒を飲みたくなるタイプで、しかも大量に飲んだりするから始末が悪い。

    そして帰りの電車は暖房が効いているから、ついつい居眠りをしてしまう。

    最近は日本酒の摂取量も控えているから乗り越しも減ったが、あの気持ちよさは格別なもんだ。

    翌日の予定さえ無ければ、もっと遠くまで乗り越したいと思っているのだが(笑)

     

     

     

    | じじいの独り言 | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4447
    トラックバック