CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 2017年12月02日のつぶやき | main | 後手後手の1年 >>
銀座はわからん
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    先月の末から、私にとって師走の『死のロード』が始まった。

    毎年のように、これからクリスマスウィークまで、延々と飲み会が続くのである。

    これを私は『死のロード』と呼んでいるわけだ(笑)

    全盛期のように一晩で2件の飲み会を掛け持ちするのは出来なくなったが、1件だけならハシゴも辞さずガンガンいくね。

    まぁ、今年もクリスマスが終わるまで延々と飲み続ける予定である。

     

    さて、今年も死のロードが始まったが、昨日はご接待で新橋に行った。

    遠方のお客さまなので、早めスタートの早めフィニッシュを予定している。

    私はいくら飲んでも大丈夫だが、お客さまが帰宅するまでの手間を考えると、早め上がりが正解だろう。

    ちなみに待ち合わせは銀座である。

    だが、私は銀座はごく一部のお店しか知らず、それらのお店は押し並べて開店が遅い。

    世に言う『クラブ』や『バー』と云う業態のお店しか知らんのである。

    私は若い頃から方々で飲みまくっているが銀座だけは避けていた。

    まぁ、一晩で100万使う器量が私には無かったのも事実であるが、私が銀座を避けるのにはもう1つ理由がある。

    銀座は親父さまが飲み歩いていたからバッティングしたくなかったのである。

    親父さまは中央官庁の役人だったから、霞が関からの仕事帰りに銀座で飲んでいた。

    学生時代には何度か銀座で飲ませてもらったが、その時に子供扱いされた事がトラウマになったのかも知れんな。

    ならば、自分の器量で飲める場所を開拓すればいいわけだ。

    そんな理由で私は銀座に疎いままなのである。

    母方の爺さまは銀座でお店をやっていたし、子供の頃は1丁目から4丁目までを遊び倒したガキなのに、銀座が苦手になったのも不思議だよな。

    一応の地理はわかっているが、それでも銀座では飲もうとは思わん。

    飲むのなら自分で開拓したエリアがいいのである(笑)

    クリスマス時期の銀座は素敵だが、まだ私には敷居が高い。

    たぶん...死ぬまで高いままではなかろうか?

     

    結果として昨夜はいつものいわなみで飲んだ。

    お客さまも喜んでくれたと思うし、私も日本酒でヘロヘロになった。

    それじゃご接待にならんのだが、たまにはこんな酒もいい(笑)

    まぁ、二日酔いで目が覚めて、このブログを打っているわけだが....

     

     

    | じじいの独り言 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4471
    トラックバック