CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 後手後手の1年 | main | 2017年12月05日のつぶやき >>
生き延びた結果
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    私は20代の前半にアラブ諸国を仕事で飛び回っていたが、その当時は元気な盛りだったし、どんな危険な局面でもどうにかなると思っていた。

    単に恐れを知らぬ若者だったのだろう。

    世間では『無知ほど怖いものは無い』と言うが、まったくその通りだと思う。

    今では反射神経も鈍ってしまい、そんな危険な紛争地域に行く気にもならんが、それでも中東諸国のニュースがあればついついチェックしてしまうね。

    今さら何が出来るわけじゃないのだけどさ。

     

    私は仕事でも無い限りは、昼間っから自宅でゴロゴロしてビールなんぞを飲んでいる。

    そんなご隠居さんみたいな暮らしをしていても、不思議と海外のニュースは気になるもんだ。

    正直のところ、日本国内なんて平和なもんで、深刻な事件なんて起こらんと思う。

    まぁ、道義的に問題のある事件や制度上の不備で起きる事故はある。

    そんなニュースを見れば私も気にはなるが、それは誰にでも起こり得る出来事の範囲である。

    つまり、私が飲み会の席で代議士の先生と掴み合いの喧嘩をする程度のものでは無かろうか?

    これは実際に起こった事だが、ニュースにもならんかったわ(笑)

    些か不謹慎だとは思うが、日本の国内は平和なのである。

    同じ喧嘩でも横綱がらみであればそこそこのニュースになるけど、アロハ屋と代議士くらいじゃ話にならんようだ。

    平和な日本はこんなもんだけど、外の世界じゃ毎日のように正規の軍隊が戦闘を繰り広げている。

    人も死なない喧嘩どころじゃなくて、毎日のように何100人という単位で殺人が行われているのである。

    ちなみに、正規の軍隊って云う組織は殺人や破壊のプロだからね。

    奴らは最小のコストで大量殺人をするために訓練されているわけだから、やることに無駄はない。

    しかもしっかり整備されたプロ仕様の道具を使って仕事をしているわけだ。

    そんなプロ集団と戦うテロ組織も士気は高いだろうが、スキルと装備においては差があるよね。

    そんな海外での戦闘のニュースを聞くと、本当に大きなロスだと思う。

    今まで何世紀にも渡って延々と築かれてきた市街地が破壊され、多くの命が失われている。

    そんな戦闘には何かしらの原因があるのだろうが、その行為自体には人類にとってプラスの意味がない。

    こんな悲惨なニュースを聞いても、私には何も出来んのだ。

    本当にどうすりゃいいのかね?

     

    若い頃の私はバカだったようで、紛争地域で働いていた時に自分が生き延びる事しか考えられなかったようである。

    まぁ、極限状態になれば、人間なんてそんなもんだろう(笑)

    結果としては、ずいぶん危険な目に遇ったが無事に私は生き延びた。

    その結果がアロハ屋である(笑)

    これで良かったねかどうかはわからんが...

     

     

    | じじいの独り言 | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4475
    トラックバック