CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< こだわりのブランド | main | お金で評価される人柄 >>
和服の色気
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    私は基本的に1年中アロハ姿だが、年末年始だけは和服で過ごすようにしている。

    兵子帯を締めて雪駄を踏むと、自分も日本人なんだなぁと思えてくるから不思議なもんだ。

    私はパーティーウェアとしても和服を着るが、そんな使い方も良いと思う。

    さすがにクリスマスだと無理があるけどね(笑)

    和服で参加するのも結婚式が限界ではなかろうか?

     

    私は自分では日本人の見本だと思っているが、和服を着ていてもサングラスで出掛けたりする。

    サングラスをかけて、袂手で雪駄を踏むとこれはなかなかの快感なのである。

    本来であれば雪駄の踵に鋼を打ちたいところだが、それだと遊び人風になってしまうので控えている。

    まぁ、実態はその通りなんだけどね(笑)

    結局のところ、雪駄はノーマルなままだが、サングラスはついついかけてしまう。

    これじゃ日本人の見本とは言えないかも知れんが、私はサングラスが大好きなのだから仕方ない。

    ただ、寺社仏閣でのお参りはサングラスも外すし、袂手もやらん。

    それくらいの常識はあるのだ。

    ちなみに帯は角帯ではなく兵子帯を締めるが、その方が下町風だと思う。

    私の理想とするスタイルは下町の若旦那なのかも知れんな。

    実際にはアロハ屋なんて商売をしているし、若旦那って年ではないが、それでも年末年始だけはそんな気分に浸りたいのだろう。

    仕事もしないでフラフラ飲み歩いてばかりの若旦那も素敵じゃないか。

    そんな非日常の雰囲気は大事だよね。

    毎日がそれじゃ困るけど(笑)

     

    私の襦袢の柄は遊び人っぽい飛車角なのだが、弟は竜虎である。

    兄弟して渡世人みたいな柄だけど、私には似合っていると思う。

    座敷に上がる時などに裾を払うと、飛車角の柄がチラリと見えるのだ。

    こりゃなかなか色気のあるものである。


     

     

    | じじいの独り言 | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4477
    トラックバック