CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< ダメダメな青春時代 | main | 脳味噌の活性化 >>
酒のストック
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    我が家は一般家庭に較べれば酒のストックが充実していると思うが、それほど高価な酒は置いていない。

    どちらかと云えば、日常消費用の酒ばかりである。

    ウイスキーなんかでも精々12年物がいいとこで、20年物はロイヤルサルートくらいなもんだ。

    普段飲むのはバーボンばかりなんだけどね(笑)

    その代わり、酒の銘柄だけは多いのだが…

     

    我が家は階段の下にある物置を酒庫にしているが、冷暗所と呼べる場所がここしかないからである。

    このスペースにウイスキーを筆頭とした蒸留酒を保管しているが、いささか手狭になってきた。

    理由は簡単で、置いている酒の銘柄が多いからである。

    例えばバーボンでも、定番のワイルドターキーやジャックダニエルの他にブラントンやメーカーズマークもある。

    もっとも、常飲するのはターキーばかりなんだけどね。

    他にはラムやジンもあり、ラムならロンリコとハバナクラブ、ジンならタンカレーとゴードンとボンベイがある。

    これくらいならどうにかなるが、一番厄介なのはスコッチである。

    スコッチにもブレンディドとシングルモルトがあり、しかもそれぞれ銘柄が多い。

    私はブレンディッドが好きなのだが、来客用にシングルモルトも置いている。

    常飲するブレンディッドはディンプルとデュワーズなのだが、オールドパーとシーバスは嗜みとしてストックしている。

    シングルモルトは滅茶苦茶種類が多いから、モルトの種類をアイラに絞ってラガブーリンとカリラの2銘柄だ。

    それでも、ブレンディッドに飽きるとラガブーリンはちょくちょく飲んでいる。

    まぁ、これも常飲の部類に入ると思う。

    実際に稼働している酒は4〜5銘柄だが、その周辺までストックすると大変なもんである。

    スコッチなんて何銘柄あるかわからんし、蒸留酒の種類としては他にウォッカやテキーラやコニャックだってある。

    そのすべてを網羅するのは不可能だろうし、網羅する必要も無い。

    まぁ、若いうちからいろいろな種類の酒を試し、その中から自分に合った銘柄を選べばいい。

    私の場合はそれがワイルドターキーだったわけだ。

    この焦げ臭いバーボンのどこが良かったのかは自分でもわからん。

    味覚云々より……酔いが早いから気に入ったのかもね。

     

    ターキー好きな私だが、実はラガブーリンみたいなシングルモルトも大好きだ。

    この両者に共通するのは、飲み口の重さだと思う。

    こんなタイプの酒を飲んでしまうと、自分の体質まで変わってしまうのかも知れん。

    つまり、ジンやラムは楽しいピクニックみたいに感じられてしまうのである。

    もちろんピクニックだって充分に楽しいのだが(笑)

     

     

    | じじいの独り言 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4524
    トラックバック