CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 慌ただしい2月 | main | アロハ屋としてのお洒落 >>
冬季限定の酒
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    世間は3連休の真っ最中であるが、何故か盛り上がりに欠ける休暇になっているようだ。

    初日から雨の予報が出ているし、オリンピックも始まっている。

    なので、外出するような気分にならないのかも知れんな。

    2月の連休なんてこんなもんだと思う。

    私も寒いので外出せず、自宅で酒庫な在庫確認をして過ごしているわけなのだが……


    我が家の酒庫にはある程度の酒が揃っているが、私が飲むのはウイスキーばかりである。

    夏になるとジンやラムも飲むようになるが、これはシーズン物で通年で飲む事は少ない。

    では、冬季限定で飲む酒があるかと云えば、それはもちろんウォッカである。

    その他ではアクアビットも飲んだりするね。

    たぶん、北欧の雰囲気に浸りたくなるのだろう。

    ウォッカを瓶ごと冷凍庫に放り込み、トロトロになった状態で飲むのだが、これもなかなか素晴らしい気分である。

    肴はピクルスとか鮭の燻製なんぞがいいと思う。

    ウォッカはどの店にも置いて在るが、冷凍庫で凍らせている店はなかなか無いのではなかろうか?

    なので、こんな飲み方は『家飲み』ならではの楽しみなのだと思う。

    昨日も酒庫をチェックしていたが、ウォッカはかなり減っていたね。

    やはり冬場は飲むチャンスが増えるのだろう。

    また買って置かなきゃイカンわな。

    しかし、寒い時期にわざわざウォッカを凍らせて飲むという行為はちょっと妙なもんだよね?

    どう考えても合理的とは思えないのである。

    まぁ、それを言ったら私はアロハ姿なわけで、まったく合理性の欠片もない暮らしをしているじゃないか(笑)

    そんな私の言うこっちゃないだろう。

    まぁ、確かに半分凍ってトロトロになったウォッカは美味いわけで、それには何の問題もない。

    ただ、何故か暑い夏には飲みたくならず、寒い時期に飲みたくなる理由がわからんのである。

    人間と云う生き物は、常に合理性に従って生きているわけではないのだろうね。

     

    我が家では、夏場のラムと冬場のウォッカは何故かシーズン限定の酒になっている。

    ウイスキーと日本酒は通年で飲んでいるが、この2つは酒としての完成度が高いのだと思う。

    だが、完成度が高い酒は飛び抜けた破壊力が落ちてしまうものだ。

    私はそんな破壊的な味覚をラムとウォッカから得ているのだろう。

    1年を通じて楽しめないけど、たまに飲むと美味いんだよな。

     

     

    | じじいの独り言 | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4570
    トラックバック