CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< リーマン引退後の10年 | main | 個人事業主の実態は… >>
欲望の本質
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    私たちは誰しも何かしらの欲望を持っているが、それは良かれ悪しかれその人間の人生を変えると思う。

    そんな欲望は少なければ少ないほど良いのかも知れんな。

    だが、私たちは普通に暮らしているだけでも、新たな欲望を感じるもんだ。

    その人間が適正に処理できる範囲内の欲望なら問題は無かろうが、人間の欲望には限界がない。

    そして、そんな欲望を追いかけているうちに、私たちは本当に大事なモノを見失ってしまうのかも知れないね。

     

    私たちは知識に因って賢くなるが、それによって新たな欲望を感じるようになる。

    例えば、寿司を知らない人間は寿司に対して欲求を感じない。

    ところが、寿司の美味を知ってしまえば喰いたくなるだろう。

    つまり、寿司の存在を知らなければ、死ぬまで寿司に対する欲望は起こらないわけだ。

    私たちの欲望はこうやって発生すると思う。

    車に乗った事が無い人はドライブの楽しさを知らないし、酒を飲んだ事が無ければその楽しさはわからん。

    そう考えると、知識とか学問は欲望を発生させるツールなのだろう。

    学問なんて大袈裟な話でなくとも、ふとテレビで見た何気ない情報だって、私たちに欲望を植えつけているわけだ。

    そんな身近な情報が無ければ、新たな欲望は発生しないが、逆に考えればその人間の進歩は止まってしまうだろう。

    まぁ、新しい欲望を感じる事が進歩かどうかはわからんけどね(笑)

    よくある話で、覚えない方が良かったという事は以外と多いと思う。

    酒とかタバコがよくその対象にされるが、私はその両方の悪癖を持っている。

    そんなもんは各自の基準に従って判断すればいい。

    そんな身近な欲望なら可愛いもんじゃないか(笑)

    私たち一般庶民は、誰もが余計な欲望を抱えてストレスを感じていると思う。

    現在の社会は、私たちに中途半端な欲望が生まれるようにコントロールされているのではなかろうか?

    適当なモデルパターンを設定し、誰もがそんな生活に憧れるように情報を操作していくわけだ。

    例えば『30代で都心のフラットに暮らし、趣味はテニスで子供は1人』こんな生活が素晴らしいもんだという意識を植え付けるわけね。

    自分とはかけ離れた生活に欲望を感じる人も居るだろう。

    だが、そんなお仕着せの欲望には何の意味も無いのであるが……。

     

    私たちが自分の欲望を達成する能力には限界がある。

    寿司も喰いたい芝居も観たいじゃ資金が追い付かないわけで、私たちは誰もが何かを諦めている。

    そんな制限の中で、社会から押し付けられた欲望を追いかけ回すのはバカげている。

    私たちが達成するべき欲望は自分の基準で選ぶべきだよな。

    私の場合は、それがアロハシャツだったわけだが(笑)

     

     

    | じじいの独り言 | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4584
    トラックバック