CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 2018年03月03日のつぶやき | main | 本音のお付き合い >>
自分の寿命は決められない
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

     

    3月に入った途端に春のような気温が続いている。

    まぁ、また寒の戻りもあるのだろうけど、春の訪れは近いと思う。

    ふと思えば、アロハじじい2号が亡くなったのは昨年の3月で、しかも彼岸の入りである。

    今年が1周忌になるわけだ。

    彼岸の入りに亡くなったくらいだから、彼が天国に行ったのは間違いないと思う。

    今も天国でマッカランを飲んでいるかも知れんな。


    私たちは明日もこの世界が同じように続くと思っているが、そんな保証はどこにも無い。

    いつもと同じように目覚ましをかけて寝ても、目が覚めたらそこは天国への階段かも知れん(笑)

    まぁ、私の場合は地獄の入口なんだろうけど、それは諦めるしかないと思う。

    地獄の鬼どもを相手にして、博奕で大勝すればいいだけの事である。

    与太話はともかく、人間の寿命なんてわからんものだ。

    私みたいに何度死にかけても五体満足でピンピンしている奴も居るし、健康フェチのくせにジョギング中に倒れる奴もいる。

    まぁ、私なんかは特殊な例外なんだろうけど、ここ数年は私の周囲ではお弔いが多く、いろいろ考えさせられる事ばかりである。

    1つだけ確実なのは、人間に限らず生きているモノは必ず死ぬと云う事実である。

    その違いは『いつ』と『どこで』くらいなもんであろう。

    そう考えれば、健康のための努力なんて意味がないのかも知れん。

    そんな簡単に言い切ってしまうと、なんか安っぽい運命論みたいになってしまうけど、結局はなるようにしかならん。

    私はアホだから、これ以上の事はわからんのである。

    私たちは死ぬまで生きているわけで、その間に悔いなく楽しむしか無いのだろう。

    まぁ、そうやってダラダラ過ごしているだけでも色々な出来事はある。

    そして、そんな出来事に向き合っていくしかないわけだ。

    それも面倒なもんだけど、諦めるしかないと思う。

    そして、またいつもと同じ二日酔いの朝が来る(笑)

    私はアホになってどうでもいい独り言をアップしているわけである。

     

    ふと思えば、私は何の努力もしないでダラダラ過ごしている。

    まったく社会の役には立たないが、それでも寿命が来るまでは生きているしかない。

    これもまったくおかしなもんだと思う。

    私も少しは自分が生きている意味を考えた方がいいのかも知れん。

    不死身の男なんてアホな事を言ってちゃダメだよな(笑)

     

     

    | じじいの独り言 | 07:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4599
    トラックバック