CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 自分の寿命は決められない | main | 寿命が来るまでは生きている >>
本音のお付き合い
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    先日、久しぶりに従兄弟と飲んだのだが、会うたびにお互い年を喰ったのだと思い知らされる。

    現在は2人とも似たような家庭環境にあるのだが、彼の方はそこそこの大企業でリーマン生活を続けている。

    まぁ、あと何年かで定年なんだけど、家庭の事もあるから今は身動きがとれない状況なんだと思う。

    彼は私と真逆な陽の当たる人生を歩んでいるが、それでも今になってみれば似たような状況になっているわけだ。

    今も昔も私とは違うレベルの人なんだけど、年齢的には同じような悩みがあったりするんだよな。

     

    我が家の親戚は母系の結び付きが強く、特に私の母と母の姉(伯母)は女2人の長女と次女だから仲が良い。

    住まいが近かかった事もあって、けっこう往き来があった。

    なので、その子供たちも小さい頃から親しく付き合っている。

    従兄弟は2歳上だから、私にとっては兄貴みたいな存在だ。

    彼は世間で云うところのエリートコースを歩み、陽の当たる人生を送ってきたと思う。

    私は子供の頃に道を踏み外し、裏街道を歩む羽目になってしまったわけで、成人後はあまり接点が無かった。

    まぁ、それでも従兄弟同士という関係をお互い忘れてはいないと思う。

    まったく別世界の人なんだけどね(笑)

    たぶん、私は彼に対してコンプレックスがあるのだろう。

    そりゃ人間にはそれぞれのやり方があるけど、あまりに結果が違いすぎると気になるもんだ(笑)

    それが私の心の片隅に常に残っていたと思う。

    そんなコンプレックスもこの年になれば薄れてくる。

    だいたいが、私なんぞが社会の表舞台に立ったとしても、たいした結果は残せない。

    私には私なりのやり方しか無かったわけだ。

    今頃になって、私はそんな当たり前の結論に至ったのだろう。

    まぁ、今の平均寿命からすれば、私たちはまだ10年くらいは生きるわけだが、お互いが楽隠居したら昔話を楽しみたいもんだ。

    従兄弟同士という中途半端な関係だとなかなか言えない事もある。

    そんな部分を語り合ってみたいよね。

    お互いに……びっくりするするような事をやってたりして(笑)。

     

    私は親兄弟や親類に知られないように遊んでいるつもりだが、それは誰もが同じだと思う。

    だが、最近になってそんな隠し事をするのが面倒になってきた。

    別に一族郎党に1人くらいは私みたいな出来損ないが居てもいい(笑)

    もう、とっくに時効になった事は話してもいいと思う。

    母方の親戚は真面目だからドン引きするかも知れんけど。

     

     

    | じじいの独り言 | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4600
    トラックバック