CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 2018年04月07日のつぶやき | main | たまには携帯を切ってみる >>
欲望まみれの社会
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    人間という生き物は自分の欲望に従って行動するもので、これは動物である以上は仕方がないと思う。

    特に自分の肉体を維持するために必要な、食欲や睡眠欲は否定出来ないもんだ。

    私だって『喰いたい』やら『寝たい』やらと、贅沢ばっかり言っている。

    ところが、人間にはそれ以外にも欲がある。

    それが仏法で言うところの『五欲』なのだが、食欲と睡眠欲の他に3つも欲が在るのである。

     

    さて、仏法による五欲とは、本能的な欲である食欲と睡眠欲の他に色欲、材欲、名誉欲である。

    ある意味で色欲は動物としての欲なのだが、人間の場合にはそのすべてを本能的なものとは認められないと思う。

    材欲とか名誉欲は完全にイマジネイティブな欲なので、本能的な欲とは切り離して考えるべきだろう。

    色欲はその状況次第で判断するしか無かろう。

    ちなみに、私は五欲のすべてを否定出来ない。

    さて、自分の五欲をランク付けすると睡眠欲がダントツの1位で他はどれも似たり寄ったりだと思う。

    いちいちコメントするならば、食欲は腹が減ったら喰えればいい程度に在るが、美食なんて語る資格もない程度だ。

    材欲は生活に必要な収入があれば満足だが、飲み代は必要なわけで、この程度の材欲は在ると思う。

    名誉欲に到っては、私は不名誉の塊である。

    最後に色欲については情けないけどほとんど無い。

    飲み屋でモテたいと思う気持ちも色欲なら在るが、これはどちらかと云えば名誉欲だと思う。

    私は若い頃からアホな遊びが大好きで、タクシー2台分のお姉ーちゃんを連れて銀座で飲み歩いた事がある。

    それだけのアブク銭があったからこその遊びだが、それにしたってエロい下心があったわけじゃない。

    単なる遊び人の名誉欲からの事である。

    そう考えると、私には睡眠欲と名誉欲は同じくらい在るわけだね。

    他には食欲が少々在るが、色欲と物欲は少ないと思う。

    なんか寂しい話だが、これでは私はまったく知性の無い動物的な人間としか思えない。

    多少でも名誉欲が在るのが救いだが、それも社会的なものではなく、お姉ーちゃんにモテたい程度てある。

    たぶん、私は本物のアホなのだろう。

     

    私は余計な欲が薄いらしく、欲に釣られて卑しい事をしないで済んでいる。

    どんなに立派な人でも、欲望を抑えられないでドジを踏んでばかりだ。

    誰もがそんな恥ずかしい行為を、誤魔化せると思っているが、それは甘い考えである。

    そんな欲はモロに表情に出るからね。

    私はそんな卑しい人間とは付き合いたくないが、そうすると…仏様やキリスト様としか遊べなくなってしまうのである。

     

     

    | じじいの独り言 | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4638
    トラックバック