CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 自宅の良さを再発見 | main | 4〜5月はアロハシャツの時期 >>
生体機能に合わせた効率化
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    4月も上旬になれば春も真っ盛りなわけで、私たちの脳味噌は少しずつ緩んでいくと思う。

    正常に機能している脳味噌でも狂ってくるくらいだから、私のように好き勝手をやっている人間は特に気を付けなきゃイカンのである。

    何をしでかすかわからんからね。

    長い冬を耐え切って、緩みまくっている脳味噌は暴走する可能性が高いのである。

    世間では「木の芽の時期」 なんて言うけれど、これって春を喜ぶ本能なのかも知れないね。

     

    私がリーマン時代に勤務していた会社には春先になると挙動不審になる社員が居たが、普段はおとなしいのに、この時期になると妙に活発になったもんだ。

    まぁ、人間なんて誰でも多少は躁鬱の気があるけれど、この人の場合はそれが極端に出るから目立ったのであろう。

    別に悪い人でもないのに、こんな部分が目立つとリーマンとしての評価は下がってしまうので、実にもったいない話なんだけどね。

    ちなみに、人間の脳味噌の構造として、夜間はどうしてもマイナス思考になるようだ。

    夜中に書いた文章を翌朝に読み返せば、あまりに悲観的な内容にビックリする事が多い。

    なので、私は深夜0時にブログを更新するのを止めてしまった。

    ブログの内容の是非はともかく、湿気たネタになりがちだからである。

    さて、そこで季節や時間帯によって人間の精神的な機能に変化がみられるのなら、私たちは効率アップのために行動の内容を変えた方がいいのではなかろうか?

    そんな都合の良い話ばかりでは無いとは思うが、春先は積極的な行動を心がけ、秋口からは新しい行動は起こさないようにすればいい。

    そして、企画などの前向きな議論は昼間にやって、夜間は頭を使わないで済むような単純作業だけをやれば良いのである。

    つまり、脳味噌の機能に合わせて行動する事により、効率を最大化させるわけだ。

    当たり前の話であるが、暖かい時期は肉体的にも運動能力が高まるし、脳味噌だって気分良く活動するだろう。

    どうせ働くなら、ベストコンディションでやった方がいい。

    そして、寒い時期は地味に冬眠するべきなのである。

    私の場合は季節商品を扱っているので、必然的に寒い冬の時期は開店休業になる。

    別に意図してやったわけでは無いが、結果としては暖かい時期に働くと云うパターンになっている。

    自己弁護に聞こえるかも知れんが、効率的な働き方になっているのだろう。

    これで潰れるようなら、それは私の経営能力が足りないだけだと思う。

    基本的に賢くとも、その能力を遊びに費やしているのではどうにもならん

    つまり、やり方は間違っていないわけだ。

    後は自分の行いを悔い改めるだけなのだろう。

    それが出来りゃいいのだが。

     

    さて、私たちの肉体と精神は春の訪れを本能に従って喜んでいる。

    今は小難しい理屈をこねるより、純粋に春の陽気を楽しめばいい。

    そのうち脳味噌も正常に戻り、しかも活性化するだろう。

    先ず大事なのは、冬の寒さで小さく固まった脳味噌を緩める事だと思う。

    すでに私の脳味噌は緩みまくっているのだが…



    | じじいの独り言 | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4643
    トラックバック