CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 長い夜 | main | 海外に滞在するなら >>
ダブルワークのメリット
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    私は長いことリーマン生活を送っていたが、その間は昼の顔と夜の顔を使い分けていた。

    昼はやる気のないリーマンだが、夜になるとキリっと引き締まったギャンブラーになったもんだ。

    こんな二重生活を続けていると社会を見る目が広がって、一般的な社会生活には興味が湧かなくなってくる。

    それでもリーマンを続けていたのは、得意先への義務感があったからなのだと思う。

    勤務先に対しては何の義理もないし、世話になった覚えもない。

    私は単に自分の時間を売っていただけなのである。

     

    世の中には「ダブルワーク」なんて働き方があるらしいが、リーマンだろうとバイトの若者だろうと、どんどんやればいいと思う。

    私もダブルワークのつもりでギャンブルに手を出し、結局はその世界から撤退した。

    通算成績は±0だったと思うが、一番元気な30代のほとんどを無駄にしてしまったわけだ。

    結果的には、もっと他にやる事があっても良かったと思う。

    まぁ、そんな考えは後知恵なんだけどね。

    さて、与太話はさて置き、私たちは社会に出ると狭い社会に閉じ込められてしまうもんだ。

    そして、その狭い社会でしか通用しないイレギュラーなローカルルールを徹底的に教え込まれる。

    問題はその狭い世界で教え込まれるルールなんだと思う。

    それが一般的に通用するならいいのだが、だいたいが偏ったルールなんだよね。

    そして、私たちはいつの間にかそんな狂った常識に染まってしまうのである。

    そうならないためにも、常に別の世界を体験するべきだと思う。

    私は高額なギャンブルの世界で先生と呼ばれる人たちと接触を持ったが、この種の人たちにはケチな常識は通用しないのである。

    まぁ、私は若い頃から夜遊びで鍛えていたから付き合えたのだろう。

    そして、そんな先生方から遊びを通じて色々な事を教えられた。

    反社会的なネタも多かったが、彼らはそんな常識を超越している人種なのである。

    そんな遊びをしていると、広告屋の底辺がいかに異常な世界なのかとわかってしまう。

    すると、狭い世界でケチな競争をするなんてバカくさくなってしまう。

    広く世界を体験すれば、違った観点から判断するようになるもんだ。

    なので、多少は無理をしてもダブルワークをしてみるべきだと思うな。

     

    日本の社会では、それぞれの企業が勝手なローカルルールを社員に押し付けるもんだ。

    そして、洗脳された社員はそこでしか使えないようになってしまう。

    これじゃイカンと思うが、私はどうこう言える立場じゃない。

    精々が、ダブルワークをお奨めするくらいである。

    強制的に違う世界を体験するためには最適だと思うのだが。

     

     

    | じじいの独り言 | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4652
    トラックバック