CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 海外に滞在するなら | main | お金自体の価値 >>
先祖帰り
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    20日の金曜日はゴールドコーストから帰国した知人のご接待で飲み、その後にフラフラと夜の巷を徘徊した。

    そこでまた別の友人と遭遇し、土曜日の昼まで付き合う羽目になった。

    まったくアホの極みである。

    携帯のバッテリーは上がるし、これでは何も出来ん状況だ。

    結局は土曜日の午後に帰宅し、そのまま寝てしまったのである。

     

    私は年に数回ブログを落とすが、その理由はだいたいが酒がらみである。

    リーマン時代には、どんなに飲んでも無遅刻無欠勤を誇った私だが、ブログだと気が緩むのであろう。

    ついつい、その場の状況に流されてしまうのだ。

    一昨日から昨日にかけては、下町系の知り合いと飲んだ。

    そこで昔話に花が咲いて、酒が止まらなくなってしまったのである。

    どうも私は下町系のノリには弱いようで、話が盛り上がると名前通りのイケイケになってしまう。

    最近は下町で面白そうなイベントが企画されているらしい。

    そんな話を聞かされると、気分は10代の昔に戻ってしまうよね。

    私はそんな下町の混沌とした環境で育ち、そしてそこから違う世界に飛び出して行ったのだ。

    その結果として、もっと別な遊びを知ったのだが、心の奥底には下町の基準が残っている。

    そんな根本的な部分を刺激されると、今でも血が燃えるのだと思う。

    ふと思えば、私はそんな下町の基準を嫌い、もっと違った世界に憧れたはずである。

    それが今になって、先祖帰りみたいに下町の話で盛り上がっているのだ。

    こりゃいったいどうなっているのかね?

    まぁこれも何かの縁だと思うので、しばらくはそんな付き合いを大事にするつもりである。

    これじゃ今までの努力を否定するようなもんだが、ここ数年の湿気た雰囲気を一掃するチャンスなのかも知れんな。

    この下町回帰の流れがこの先どうなるかはわからん。

    一時的なものかも知れんし、長期的に活動の方向が変わるのかも知れん。

    まぁ、アロハシャツなんて元々が下町向きなもんだし、今のままでもいいの問題は無かろう。

    ある意味では、原点回帰も悪くないと思うね。

     

    私は下町のスラム街で育ち、そこから別の世界へと旅立っていった。

    たぶん、当時の私は狭い世界で満足出来なかったのだと思う。

    新しい刺激を求めて遊び回っていて、また元の世界に戻るのも妙なもんだが、それも面白いかも知れん。

    それが単なる一時帰国なのかどうかはわからん。

    とりあえずは、楽しめるならそれもいいと思っているのだが。

     

     

    | じじいの独り言 | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4655
    トラックバック