CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 再開発で何かが変わる | main | 歳相応の楽しみ方 >>
アル中か?依存症か?
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    私は酒を飲み始めるとキリが無い方で、ついついハシゴ酒をしてしまう。

    ある時、自分がどれくらい飲むかと思って記録を取ってみたが、けっこうな量を飲んでいた。

    その日は正確を期すために、ウイスキーはちゃんと45mlのメジャーで量ってもらった。

    すると平気で10杯以上は飲んでいるわけだ(何杯飲んだかは恥ずかしくて書けない)

    私が愛飲しているのは50度のワイルドターキーなので、その結果ヘロヘロになってしまったのは事実なのだが…

     

    私は日常的に酒を飲むし、休日には朝からビールを飲んだりする。

    たぶん酒が好きなのだろう。

    しかし、単にそれだけの事で、アル中でもアルコール依存症でも無いと思う。

    だいたいが日本人の体格からすれば、アル中になるまで飲む前に肝臓がダメになってしまう筈だ。

    アル中になるには欧米人レベルの体格と体質が必要なのである。

    では依存症はどうかと言えば、これは日本人でも充分に成り得ると思う。

    ぶっちゃけ依存症は精神の病だからね。

    つまり、依存するモノは薬物でも一般的な食品でも、果ては趣味でもスポーツでもいいわけだ。

    自分の精神を安定させるためのツールを外部の何かに頼っている状態なんだと思う。

    ジョギングだって癖になると脳内麻薬が分泌されるわけで、ランニングハイになるもんだ。

    まぁ、酒なんて依存するためのツールの1つに過ぎないのである。

    酒は美味いし、実際のところ簡単に入手出来る。

    しかも合法なんだから世話がない。

    なので世の中にはアル中ならぬアル依が蔓延するのであろう。

    ただ、重度のアル依になると、これはアル中と変わらんくらいになるもんだ。

    私の先輩でもそんな人が何人か居たのだが、残念な事に若くして全員亡くなってしまった。

    彼らこそは本物のアル中だったと思う。

    そう考えると、私なんぞは単なる酒好きなオッサンにしか過ぎないのである。

    実際のところ、酒はとんでもなく美味いもんだ。

    だが、私にとっては単にそれだけの事なのである。

     

    私は2度ばかりアルコール依存症の一歩手前まで行ったが、その都度引き返してしまった。

    1度目はリーマン時代に仕事で悩んだ時だが、これはギャンブルにのめり込んでいるうちに治まった。

    2度目は嫁さんと死別した時だが、この時は破産寸前になるまで飲み続けて目が覚めた。

    私は今でも日常的に大酒を飲むが、別に飲まなくとも平気である。

    ただ…飲み始めるとキリが無いのだが。

     

     

     

    | じじいの独り言 | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4665
    トラックバック