CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 2018年05月08日のつぶやき | main | 努力しないで得られるもの >>
恋愛の難しさ
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    私は嫁さんと死別してからあまり恋愛に興味がなくなったが、それでもドキッとするような美女に出会うと「ん?」って気分になる。

    自分でも面白いもんだと思うが、それが良いか悪いかの判断はつかない。

    そのドキッとした感情の種類が問題なんだろう。

    それが単なる美的な刺激なのか?それ以外の本能的な欲望なのか?どちらのかを冷静に判断せにゃならんのである。

    ところが、人間は客観的な判断が出来ん生き物なのだ…

     

    私はみなさんがご存じの通り、こんな面相をしているし、氏素性は別にしても育ちはたいしたもんじゃない。

    だが、そんなハンデがある割にはモテる方だと思う。

    もちろん、私なんぞには手の届かない美女はいくらでもいるし、そんな美女はもっと別の美男と付き合えばいいと思っている。

    そりゃ仕方の無い事である。

    それでも私が適当にモテたのは、単なる偶然なんだと思う。

    世の中にはそんな不思議な偶然なんていくらでも在るし、私自身が妙なイケイケ状態になっている時も在る。

    そんなタイミングの結果として私はモテたのだろう。

    これは、男なら誰しも理解できる現象だと思う。

    まぁ、私も人並みに恋愛をしてきたが、これは怠け者の私にとって非常に厄介な話である。

    何をするにも自分の都合だけでは決められず、相手の事情も斟酌せにゃならんようになる。

    つまり、すべてにおいて最大公約数を探す手間がかかるわけだ。

    2人の趣味や行動パターンが似通っていれば、そんな手間は少なくなるが、それがまったく同じ人間は居らんだろう。

    恋愛は素晴らしいけれど、その反面では相応の苦しみも在るもんである。

    私が嫁さんと籍を入れたのは、お互いの価値観と行動パターンが似ていたからだ。

    私はそんな現実がわかっているから、恋愛には消極的なんだろうね。

    それに、恋愛するにはある種のパワーが必要だと思う。

    私にはそれが決定的に欠けているし、その上この歳なのである。

    私の先輩方は可愛い彼女を連れて遊び回っているが、私には真似出来ない事である。

    それでも、たまには恋愛に憧れる時もある。

    楽しくも苦しい行為だとわかっていても……

     

    私はよく「再婚しないのか?」と聞かれるが、その答えはなかなか出ない。

    別に再婚してもいいのだが、嫁さんと死別したショックが完全に癒たのかわからんからである。

    仮に癒えているとしても、私の怠け癖は天性のものだ。

    これでは先々の苦労が目に見えているじゃないか。

    ならば、お気軽な関係を維持するべきだと思うのだが。

     

     

    | じじいの独り言 | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4674
    トラックバック