CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 色気のある着こなし | main | 結果が出るには時間がかかる >>
行く道は退けない
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    私は世間の相場よりは自由に生きていると思っているが、それでも中途半端なところで妥協してしまう時もある。

    いくら偉そうな能書きをたれても、所詮はアロハ屋のオヤジなんてそんなもんなのである。

    それじゃイカンと思うけれど、やはりケチな計算をしてしまうからだろう。

    そんな妥協の結果として良い結果に巡り逢えるかも知れんが、長い目で見ればそれは最低の行為なのだと思う。

    自分を騙すような人間が幸せになれる訳が無いのである。

     

    私たちの生活は妥協に満ちていると思うが、バカじゃない限りは、その場の状況を判断して中途半端な妥協をしてしまうのだろう。

    まったく情けない話である。

    私は長いリーマン生活の中で常に妥協を強いられてきたが、よくそんな苦痛に溢れた生活を送ってきたと思う。

    たぶん、自分の事じゃなかったから耐えられたのだろう。

    自分だけの問題で済むなら、さっさと啖呵を切って辞めていたはずだ。

    私は妙に責任感が強かったから、自分の意地で仕事を完遂したのだと思う。

    こんなもんは単なる自己満足で、褒められた行為じゃない。

    むしろ、単なる臆病者の所業であろう。

    私だってバカじゃないから、そんな卑怯な自分が嫌で堪らなかった。

    今でもそんな情けない過去を思い出すけれど、本当に声が出るほど恥ずかしいもんだ。

    まぁリーマンをやってりゃ、誰だってそんな経験があると思う。

    私はそんなしがらみに溢れた暮らしが嫌でフリーになった。

    ところが、フリーになったらなったでくだらない妥協を強いられてばかりである。

    まぁ、今では自分の意思で「No!」と言えるけど、それでも妥協を余儀なくされる場合だってある。

    晩飯のオカズなら妥協するのもいい。

    だが、肝心の部分で妥協するくらいなら、おとなしくリーマンをやってりゃいい。

    最近の私は勝負処で中途半端な妥協ばかりしていたと思う。

    それじゃイカンだろう。

    こんな基本的な部分でブレていたら勝負にならんのである。

    偉そうな能書きをたれるなら…それなりの意地を見せなきゃならんよね。

     

    私は自分の行く道を自分の意志で選び、仲間に助けられながらも生き延びてきた。

    その間には幾つもの小さな妥協があったわけだ。

    だが、大きかろうと小さかろうと妥協は妥協じゃないか。

    せっかく自由を手に入れたのに、何で妥協するのかね?

    行く道を退くくらいなら…自分の指でもしゃぶっていればいいのである。

     

     

    | じじいの独り言 | 07:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4683
    トラックバック