CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 足りない頭で考えるより | main | 何かが変わるタイミング >>
時間配分の問題
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    今年の5月はスタート直後からハプニングの連続で、GWの間にも色々な出来事が起こった。

    嬉しい出会いもあれば厄介なトラブルも起きている。

    私自身はそんな運命の濁流に必死で抵抗しているのだが、そのためには自分の強い意志の他に時間や資金が必要だ。

    この流れを乗り切る迄は、まだしばらくは今の状況が続くのだろう。

    だが、そのための資金は何とかなっても、時間だけはどうにもならんのである。

     

    私は長いことリーマン生活を送っていたが、その当時から時間の使い方が下手だった。

    下手どころか、仕事のために時間を使っていなかったと思う。

    むしろ、バイトに明け暮れた学生時代の方が時間を有効活用していたのではなかろうか?

    バイトだと1時間単位で自分の収入が決まるわけだから、時間のロスは避けなきゃならん。

    あの時期ほど時間をシビアに管理していた時は無かったと思う。

    なので、飯を喰うのも電車で移動するのも必死だったわけだ。

    遊興費稼ぎのためには、つまらない時間のロスなんぞ許されないのである。

    だが、そんな時間に対する観念は、リーマンになって完全に崩壊した。

    リーマンとバイトはお金に対する時間軸が違うのである。

    バイトの場合は超短期的な労働対価であるが、リーマン仕事はもっとスパンが長いわけだ。

    なので私はそんな甘い環境に甘えてしまい、ダメ人間になってしまったのだろう。

    つまり、特定の期間内にミッションが片付けばいいわけで、その間の時間の割り振りは自分で決められる。

    それをさっさと片付けてしまったら、次の仕事をやらなきゃならん。

    しかも給料は同じじゃないか。

    広告業界の底辺なんて本当はそんな生ぬるい状況じゃないのだが、当時は誰もがサボりまくっていたと思う。

    私もその例外ではなかったが、このままではイカンという多少の危機感は持っていた。

    しかし、いざ自分がフリーランスになってみれば、そんなぬるま湯体質は変えられないもんだ。

    むしろ生来の怠け癖にターボが入ったような体質になっているじゃないか。

    これじゃイカンのである。

    先ず、私は時間に対する観念を変えなきゃダメなのだろう。

    昔のバイト時代のように、時間こそが資産だと云う認識を取り戻すのだ。

    そうなれば、今の状況は改善するはずだ。

    フリーランスの暮らしには、怠けているヒマなんて無いのである。

     

    私は遊ぶための時間を捻出するのは得意だが、その特技を仕事に活かしていない。

    だが、時間と云う資産の重要性は理解しているつもりだ。

    私は、人間は誰しも愉快に生きるのが当然なのだと思っている。

    なので、遊ぶための時間を優先してしまうのである。

    だが、愉快に遊ぶためには資金も必要だし、日常生活を維持するために資金も稼がにゃならんわけで、遊んでばかりも居られん。

    そのためには時間を大事にするという考え方が必要なんだよね。

     

     

     

    | じじいの独り言 | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4688
    トラックバック