CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 夏の準備 | main | 2018年06月09日のつぶやき >>
お揃いのアロハシャツ
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    私は1年中アロハシャツで過ごしているが、友人たちが買ってくれたモデルは着ないようにしている。

    飲み屋さんでバッタリ出会う事も多いし、その時に同じ柄のアロハを着ていたら照れ臭いからだ。

    オッサン同士でお揃いのアロハを着ていたら、ちょっと不気味だろう。

    特にこれからの季節は、バッティングしないように注意が必要なのである。

    私が売れ筋のモデルを堂々と着られるのは、冬の間だけなんだよな。

     

    我がアロハファクトリーの商品は約50柄あるのだが、その中であまり売れていないのは赤系の色目のモデルである。

    あまりに当たり前過ぎて、マニアから敬遠されているのかも知れん。

    その傾向は確かにあると思う。

    自分の個性を堂々と表現したいのかも知れんな。

    私は何を着てもいい立場だが、やはりお客さまとのバッティングは避けたいと思っている。

    私とお揃いなんて恥ずかしい思いをさせてはマズイからだ。

    なので、着たくとも着られないモデルもある。

    ご夫婦がペアで購入されたモデルなんて、絶対に着てはイカンだろう。

    お二人の間を邪魔するような行為は犯罪なのである。

    ここまで注意していてもバッティングする場合もあって、お客さまにもずいぶん迷惑をかけた。

    私は注意していても、私の彼女(当時は入籍前)はそんな事を気にする立場じゃない。

    なので、その日の気分で自分の着たいモデルを選んでくる。

    すると、それがかなりな確率で他のお客さまとバッティングするのである。

    お客さまは既婚者だから、妙にばつが悪いよね。

    私とお揃いになるのも、それなりに気恥ずかしいもんだけどさ。

    アロハシャツと云う特殊なジャンルだと、単なる着こなしだけじゃなく、こんな気遣いも必要になるのである。

     

    ふと思えば、私がお客さまとのバッティングを気にするのは、自分の行動範囲が狭いからなのかも知れん。

    月に何度も同じ店に通うからイカンのだろう。

    ローテーションに余裕があれば、そこまで注意しなくても同じモデルのバッティングは無いはずだ。

    私も以前のように飲み歩く範囲を広げなきゃならんのだろうね。

    今は新橋〜四谷が私の守備範囲なのである。

     

     

    | じじいの独り言 | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4712
    トラックバック