CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 台風のジンクス | main | 2018年06月12日のつぶやき >>
欲望によってバランスが崩れる?
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    私はアロハ屋として素晴らしい一時期を過ごしたが、その後は長い停滞期が続いている。

    誰にだって実生活に於いてそんな山と谷が在るもんだが、その問題は山の高さと谷の深さの割合いだろう。

    一般的には山が高ければ高いほど、谷も深くなるもんだ。

    山が高く谷が浅ければ最高なのだが、得てしてその逆になる場合が多い。

    結果として、なかなか±ゼロにはならんのだろうね。

     

    私は子供の頃から自分の性格について深く悩んでいた。

    厳密に云えば、この怠けてばかりの性格がもたらすであろう、不幸な結末を心配していたのだと思う。

    だが、いつまで経っても私が恐れていた不幸はやって来ないのである。

    最初のうちはおっかなびっくりだった私だが、そのうち何も気にしなくなった。

    そりゃ子供の毎日なんて、楽しく過ごせればそれだけで充分なわけで、いつしか私はそんな心配を忘れてしまったわけである。

    実に呑気な少年時代だったと思う。

    だが、そんな幸せは長く続かず、私もそれなりに苦労と努力をするようになった。

    その苦労の原因は自分の欲望なのである。

    可愛い彼女が居ればデートくらいはしたいし、どうせデートするなら身なりも整えたい。

    こうなってしまえば怠けてばかりも居られなくなってくるもんだ。

    先ずはデート資金を調達するためにバイトを始め、遊び仲間からは洒落た着こなしを教わった。

    その時期は私の世界観が変わる大事なターニングポイントだったのだろう。

    つまり、今までの私が知らなかった欲望という存在が、私の心に芽生えたのである。

    人間の運命なんてわからんもんだ。

    これは私の勝手な想像だが、人間に訪れる幸せとか不幸せなんて平らに均せばイーヴンなのだが、それがそうならないのは欲望のせいなのである。

    勝手な欲望によって、私たちの運命は歪められてしまうのだと思う。

    だが、1度でも欲望に囚われた人間はその存在から逃れられなくなってしまうのだろう。

    欲望を肯定する事は難しいが、私たちは今さらそれを否定も出来んのである。

    私は必死に自分の欲望を抑えているのだが、それは単なる偽善である。

    なので・・・山が高かった分だけ、私は深い谷底に落ちてしまったのだろう。

     

    私にはどうしても我慢できない本能的な欲望が1つあって、睡眠だけは何が在っても必要である。

    それ以外の食欲とか性欲なんてどうでもいいが、睡眠が足りなくなるのは困る。

    他の物欲とか名誉欲なんて本当にどうでもいい。

    若い頃の私は本能で生きているようなもんだったが、今では睡眠だけが唯一の欲になっている。

    私は自分の欲望に拠ってバランスを崩してしまったが、今では大いに反省している。

    今では山も谷も面倒になってしまったような気がするね。

     

     

    | じじいの独り言 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4715
    トラックバック