CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 理性に従う方がいい? | main | 2018年06月20日のつぶやき >>
アメリカの価値観
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    昨日は米中貿易摩擦の影響か、急激なドル高が進んだ。

    その割りに¥/$レートは動かず、まだ109〜110円くらいで推移しているね。

    私の実感では1$=¥100くらいが適正レートだと思うが、現在は10%ばかりドルが高いわけだ。

    私なんぞは生地や製品を輸入するだけだから、為替は円高が望ましい。

    さすがに仕入れコストが10%上がると・・・やる気が失せるからである。

     

    現在では世界中で日本円は認識されていて、チェンマネするのにも苦労しないが、私がアラブ諸国を飛び回っていた35年前は日本円の存在なんてまったく知られていなかったと思う。

    ヨーロッパの主要都市なら、なんとか認識されていた程度だった筈である。

    ヨーロッパでその程度の認識だから、中東なんかじゃ日本円の紙幣は相手にされないのである。

    それこそ、子供銀行のおもちゃの紙幣と思われていたかも知れんな。

    ところが、そんな時代の中東諸国でも、米$は堂々と通用するのである。

    それどころか、ある意味では現地通貨よりも信頼されていたくらいなのである。

    闇屋で外国人がチェンマネする際に米$を出すと、闇屋がニヤッと笑うから、米$のありがたみが私にも伝わってくるわけだ。

    その当時では、米$こそが世界の基軸通貨だったわけなのだ。

    ちなみに中東諸国の通貨ではサウジアラビアのリアルという通貨は信頼が在ったね。

    石油の埋蔵量と政権が安定していたところが評価されたのであろう。

    こう言ってはなんだが、サウジアラビア以外の中東諸国の通貨なんて、自国民ですら信用していなかったと思う。

    なので、安定資産として米ドルの需要は高かったのである。

    さて、その当時は全く相手にされていなかった日本円だが、今では米$、ユーロに次ぐ通貨として世界中で認知されている。

    そして、その当時1$=¥200くらいだったレートも今では109〜110円である。

    それだって、民主党政権下での円高の時は1$=¥79まで円高が進んだのだからビックリである。

    私の感覚として適正レートは1$¥=100だが、昔に比べればずいぶん日本円の価値も上がったと思う。

    固定レートの時で360円、プラザ合意後は200円台から一気に120円までレートが上がった。

    そして、ここ最近は80〜120円くらいの幅でレートは動いている。

    またチャンスが在ったら、80円台で私は米$を買いまくる予定だ。

    そして、自宅で100円台まで寝かせた後にハワイで豪遊するからなのである。

     

    私の世代はアメリカの価値観を無条件で信奉してきたが、その後の世界は混迷を深めてしてしまった。

    そして、その間に私たちが信じていたアメリカの価値観自体も変わってしまったと思う。

    今ではアメリカと云う国家も安っぽい事を言うようになってしまったわけだが、私たちにそれを非難する権利はない。

    私は呑気だったころのアメリカの価値観を信じるが、別に現在のアメリカには何の義理も無い。

    今では、アメリカ人よりも私の方がアメリカっぽい考え方をしているように思うのだが・・・

     

     

     

    | じじいの独り言 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4727
    トラックバック