CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 2018年06月27日のつぶやき | main | 恋愛する条件 >>
計画性の意味
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    昨日は必死こいて在庫管理をやったのだが、作業の途中でビールを飲んでしまった。

    あまりにバカな私である。

    終わりが見えているのに、あと1時間の踏ん張りが利かなかったわけだ。

    作業中に何度も問い合わせが入り、せっかくやる気になったところで作業が中断したのが痛かったね。

    その余計な中断時間が仇となったのだろう。

    何も無ければ、昨日で作業は完了していたはずなのである。

     

    私はかなりな怠け者なので、何をするのでも時間割りを作ってから始めなきゃならんのだが、往々にして、それを妨害するようなハプニングが起こる。

    たぶん、私はそんな体質なんだろう。

    つまり、計画的な行動が自分に有効な方法であるとわかっていても、それが意味を成さないわけである。

    なので私は開き直って無計画に生きている。

    それでもどうにかなるから面白いもんだよね。

    ふと思えば、企業の運営なんぞでは、すべてをスケジューリングするよね。

    それは当然の事なんだろうけど、その計画はどれくらいの割合で達成されているのだろうか?

    未達成の部分を誤魔化せる余裕のある企業ならいいが、ほとんどの企業では達成されていないのではなかろうか?

    まぁ、対外的なポーズもあろうが、勝手な理屈で立てられた計画なんて、簡単に達成出来るもんじゃないよね。

    そう考えると、私のように無計画であっても、結果としては同じじゃないかね?

    ならば、なまじな計画なんて意味がないと思う。

    そりゃ、土木工事みたいな長期に渡る案件はあるだろうけど、それにしたって長いスパンの間に未達成だった期間はいくらでも在るはずだ。

    そして、それを補うほど成果が上がる時期も在る。

    その両方があって工事は工期内に完了するのかも知れん。

    だが、私たちの日常生活に於いて、計画的行動なんて意味があるのかね?

    私はずいぶん昔にそんな計画性の無駄に気が付いて、それ以来は無計画に暮らしている。

    手間をかけてまで計画を立てても、ロスばかり増えて面白くないからだ。

    かと言って、無計画に暮らしていてもメリットは何も無い。

    ただ、ロスが少ないだけである。

    アロハ屋ごときのロスなんて、仮に在ってもたいした事は無いのだが…

     

    私は無計画に暮らしているが、それほどデメリットは感じない。

    計画的であっても無計画であっても、私のレベルでは何も変わらないのだと思う。

    つまり、計画性に意味があるのは、一定のレベル以上の場合なのだ。

    私がそれを追求する事に意味がないのは……当然の現実なのである。



     

    | じじいの独り言 | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4737
    トラックバック