CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 計画性の意味 | main | 夢の名残り >>
恋愛する条件
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    私がお付き合いさせていただいている先輩方は、ヒマさえあれば恋愛をしている。

    よくそんな体力があるもんだと思うが、本人が楽しんでいるのだから、私がどうこう言うつもりは無い。

    むしろ、素晴らしいとさえ思っている。

    それだけ、精神的な余裕が在るって事だからである。

    世間では恋愛のモラルをうるさく言う人も居るが、それは本人の問題なんだから、放置しておけばいいと思うのだが…

     

    恋愛と云うものは、けっこう面倒で手間のかかる遊びだと思う。

    私のような怠け者は、目の前に美女が居ても手も足も出ないもんである。

    相手が美女であればあるほど手間がかかるからである。

    私のような不細工なオッサンが美女と恋愛をするなら、かなりな労力を必要とするだろう。

    男の価値は顔じゃないが、恋愛に於いては顔も重要なファクターだと思う。

    私の場合は、そんなマイナスの部分から恋愛がスタートするわけで、しかも相手が美女であればそのギャップは広がるわけである。

    これでは楽しいはずの恋愛も面倒な作業になってしまう。

    ならば、お気楽に酒でも飲んでいる方が私には向いていると思う。

    だが、そんな私でもモテまくった時期はある。

    やはり、ツキに恵まれて調子が良い時期は不思議な魅力が宿るもんである。

    実際のところ、その時期の私は本当にモテたと思う。

    これと良く似た現象はギャンブルでも起こるが、何をやっても勝てるのである。

    手順を間違えても、カードを切り間違えても、相手が勝手に自滅するのだから面白いよね。

    つまり、何をやっても勝てるわけだ。

    そんな絶好調な状態であっても、私は恋愛に対して地味だから、普通に美女と恋愛を楽しんでいた。

    ツキまくっていれば、恋愛なんかより面白い事はいくらでもある。

    私はその他にもやりたい事があったのだ。

    なので恋愛は程々に楽しむ程度だったのである。

    今にして思えば、残念な事をしたもんだ。

    私みたいなオッサンが…恋愛を楽しむ最後のチャンスだったのだろうね。

     

    私は他人の恋愛にはまったく関心が無いが、それでも幸せそうな姿を眺めていると心が安らぐもんである。

    自分に出来ない事なんだから、嫉妬も出来んだろう。

    別に恋愛が嫌いなわけじゃないけど、今はそんな余裕がない。

    とりあえずは、嫁さんのお墓参りくらいが私の恋愛なんだろう。

    今日も午後にビールを届けに行くけどね。

     

     

    | じじいの独り言 | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4738
    トラックバック