CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 2018年07月21日のつぶやき | main | 2018年07月22日のつぶやき >>
喫煙者への虐待?
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    私はかなり年季の入った喫煙者なのだが、我が家は基本的に室内は禁煙になっている。

    お袋さまが30年ばかり前にガンを患ってから、室内が禁煙になったのである。

    その代り、2Fのベランダと庭の縁台が喫煙スペースとなっており、そこでなら遠慮なくタバコを吸う事が出来る。

    なので、私は自宅に居る間はその2か所で過ごす時間が多い。

    暖かいうちはいいのだが、冬になると寒くて長居は出来なくなるのだが・・・

     

    ここ数年で喫煙人口は激減したらしいが、それでもタバコを止めない(止められない??)人は多いと思う。

    オリンピックの開催までは、私たち喫煙者への虐待が続くのだろう。

    まったく困ったもんである。

    例えば駅前なんかで待ち合わせをする際にも、わざわざタバコが吸える喫茶店を探さなきゃならんのである。

    そして「喫煙可」という喫茶店もずいぶん減ったと思う。

    これからは、飲食店なんかでも喫煙が制限されていくらしいが、どこまで規制されていくのかと考えると不安になるよね。

    バーや居酒屋までも禁煙になるらしいが、それでは酒が美味くない。

    そうなったら、喫煙可というバーを自分で経営せにゃならなくなってしまうだろう。

    酒飲みがバーを経営するなんて自殺行為なんだけどね。

    まぁ、与太話はさて置き、世間でこの傾向が続くならタバコを止めた方が早いような気もするね。

    そんな事をすれば、愛煙家たちから「裏切者」という烙印を押されてしまうだろうけど、それも時代の流れなのかも知れんな。

    タバコは立派な文化なのに、それが廃れていくのは残念だよね。

    30年前までは灰皿付きの電車やバスが走り、駅のホームでもタバコが吸えたのである。

    それが今では全面的に禁煙になっているわけで、世の中も本当に変われば変わるもんだと思う。

    実際のところ、若い世代のタバコ離れも進んでいるし、私たちの世代が滅びる頃には喫煙人口もゼロに近くなるかも知れん。

    ならば、あと30年もすれば自動的にそうなるだろう。

    私たちは最後の喫煙世代として、タバコの絶滅に立ち会う事になるはずだ。

    そんな場面に遭遇したくはないけど、これも時代の要求なんだろうね。

     

    私は中学時代にショートピースを吸い始め、大学生になった頃にはいっぱしの喫煙者に育っていた。

    喫煙歴はもう45年くらいになる筈である。

    20歳くらいから1日に1箱を消費するようになっているから、ずいぶん税金を払っていると思う。

    まぁ、タバコを吸って良い事なんて1つも無かったが、それでもストレス解消には役立っているだろう。

    たぶん・・・私は死ぬまでタバコを止められないだろうね。

     

     

    | じじいの独り言 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4767
    トラックバック