CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
<< 暑い夏こそ頭を使う | main | 猛暑だから美味い酒 >>
暑さを忘れる遊び
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    10年前の7月時点で、私はまだリーマンだったが、もう退職の予定が決まっていて、残った有給を消化するだけの状態だった。

    週末は金曜からヨットハーバーに入り浸り、呑気な夏を過ごしていた。

    そんな気楽な生活を送っていたせいなのか、あの2008年の夏はあまり暑さを感じなかったと思う。

    ヨットなんて暑苦しい遊びなのだが、それなのに快適な夏を過ごせたのである。

    実際のところ、暑さを感じる要素は、単なる気温よりも、過ごす環境にも影響されるんだろうね。

     

    夏のヨット遊びは涼しげで優雅に見えるが、実際にはメチャ暑い。

    陽に焼けた船のデッキは熱いし、直射日光を遮る場所もない。

    逃げ場はキャビンの中だけなのだが、そこは風の通りが悪く蒸し暑いのである。

    私は三宅島までのクルージングで、全身が丸焦げになった経験がある。

    まぁ、楽しいっちゃ楽しいが、決して涼しい遊びじゃないと思う。

    それでも、この暑さは自宅に引き込もっている暑さとは違うのである。

    楽しいと暑さも忘れてしまうもんかも知れんな。

    今週末は久しぶりにボートに乗るが、少しは快適な時間を過ごしたいもんだ。

    ボートだとリゾート気分にはなれないが、それでも海面を爆走する爽快感はある。

    少なくとも、エアコン全開の部屋で寝そべって居るよりはマシだろう。

    この暑さだと外出する気にもならないが、時には無理をしても海に出て塩分補給をせにゃならんのだ。

    私はボートをやっていると云うより、自分の存在は漁師に近いと思っている。

    ボート遊びには優雅さなんて無いし、ひたすら暑い中でビールを飲みまくるだけなのだ。

    だが、こんな遊びでも、非日常的な環境である事は間違いない。

    私はそんな感覚を楽しむためにボートに乗るのだろう。

    すると不思議なもんで、暑さも忘れてしまうのである。

    何年か後に、私も2018年の暑い夏を思い出すだろう。

    その時に、ボートで過ごした夏の1日を思い出すかどうかはわからん。

    願わくば、こんな冴えない夏を思い出さないようにしてほしいと思う。

     

    10年前にヨットハーバーで過ごした夏は贅沢なもんだったし、そんな日々はハッキリと覚えている。

    陽が落ちれば、私たちはデッキで酒を飲むのだが、自分の好みの酒を選べるくらいのストックがキャビンに在った。

    艇長はマティーニ、嫁さんはワインとチーズ、私はワイルドターキーを飲みまくったもんだ。

    これなら暑さを感じるヒマも無いだろう。

    優雅に過ごせば…暑さなんて気にならないのである。

     

     

    | じじいの独り言 | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.alohafactory.com/trackback/4771
    トラックバック