CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
発展途上の若者
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    さて、そろそろGWも近ずいてきたが、私は特にバカンスの予定も無く、下町の仲間たちと飲み歩く予定である。

    ひょんな切っ掛けで、また昔みたいな遊びが始まるのかも知れん。

    なんか振り子が両極端に振れているみたいじゃないか。

    今までの私は下町のお付き合いが嫌で、そこから抜け出そうと努力していた筈である。

    それがこの歳になって、元に戻りつつあるのは不思議なもんだよね。

     

    私は足立区のスラム街で育ち、そこをスタート地点として、高校時代に都内の繁華街に飛び出して行った。

    今で云う「高校デビュー」なんだろう。

    当時は見るもの聞くもののすべてが新鮮で、色々な知識を素直に吸収したと思う。

    洒落た着こなしやダンスのステップなど、覚える事は山ほどあったのである。

    そして、私にはそんな知識を身に付けるためのビビッドな感性があったと思う。

    私は運が良かったらしく、その当時は色々な人たちからアドバイスしてもらった。

    自分だけのセンスでは、短期間に一丁前の遊び人にはなれなかっただろう。

    本当にお世話になったもんだ。

    今でこそ偉そうな能書きをたれている私だが、その頃はまだ駆け出しの若者だったのである。

    私はそんなキャリアを積み重ねてきたわけだが、この努力を学業に向けていれば、立派なマッドサイエンティストになっていただろう。

    そんなもんになるくらいなら、アロハ屋で良かったのだと思う。

    そんな若者もいつの間にか歳を喰い、今になってまた修行を始めた頃を振り返っている。

    別に懐かしむ程の過去じゃないが、それでもイノセントな感性を持っていた頃の自分は可愛いもんだ。

    今さら昔のような遊びは出来んし、だいたいがそんな元気は出ないだろう。

    それでも、たまには自分の恥ずかしい過去を振り返ってみたくなるもんだ。

    まぁ、若い頃なんて誰も似たようなもんなのである。

    レベルの差こそあれ、誰もが発展途上なのだと思う。

    そして、恥をかきながらスカした遊び方を学んでいくのだろう。

    私もそんな若者の1人だった。

    今では単なるじじいにしか過ぎないのであるが。

     

    日本の社会はバブルの前と後で大きく変わったが、バブル前にはとにかく情報がなかった。

    バブル後には情報とモノとお金が溢れたが、バブル前には何も無かったのである。

    その中でも情報の欠如は決定的で、とにかく遊びの現場に居なければ何もわからんのである。

    なので、意欲ある若者は夜遊びに走ったのであろう。

    今ではこんな無駄な手間は要らんのであるが。

     

     

     

    | じじいの独り言 | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
    お金自体の価値
    0

      JUGEMテーマ:つぶやき。

      こんにちはikeです

      昨日は真夏のような暑さで日差しの中を歩けば汗ばむ陽気であったが、今朝は一転して寒いくらいの気温である。

      私は商売柄もあって、暑いくらいが丁度いい。

      今年も夏の訪れが早いとありがたいのだが、どうなんだろうね?

      気候に左右される商売はちょっとしたギャンブルなんだと思う。

      たまにはアロハシャツがバカ売れして、我が社の銀行口座に日本中のお金が集まってくれば良いのだが。

       

      私はイマジネイティブな意味でのお金の価値を感じた事が無い。

      世の中には自分の預金通帳の残高を眺めてニコニコしている人も居るのだが、彼らはその金額から何かを連想する事が出来るのであろう。

      私はアホなので、何に依らず現物が無ければ気が済まない方だ。

      つまり、お金の持つ不思議な魔力には囚われないのだと思う。

      お金なんぞは使ってなんぼじゃないかね?

      まぁ、いつでも買えると思ったら、買わないでも満足出来てしまうのかも知れんな。

      残念ながらアロハ屋なんて商売はそこまで儲からんので、私はそんなイマジネイティブな楽しみを体験した事が無い。

      チャンスがあったら、そんな楽しみ方を経験してみたいもんである。

      たぶん、私にとってのお金とは、便利な道具なんだろう。

      お金があれば酒も飲めるし、ハワイにも行ける。

      そして、そんな機能の行き着く先はクレカなのかも知れん。

      私も税理士の先生に言われて、社用の支払いはクレカを使うようにしているけどね。

      つまり、お金にしろクレカにしろ、私は単なる決済機能として利用しているだけなのである。

      そこには何の魅力も無い。

      だが、世の中の多くはお金に対して不思議な感情を持っていると思う。

      お金は使わない事には意味が発生しないのだが、使わずに脳内で楽しんでいるのである。

      これはなかなか面白い現象じゃないかね?

      ちなみに、私の友人・知人も私と似たような人が多い。

      彼らはお金のスケールが大きいからずいぶん派手な使い方をする。

      でも…収入と支出の比率でみれば私も似たようなもんなのである。

       

      お金とは非常に便利なもんで、持ち運びが楽だしその価値を時間を越えて保存出来る。

      つまり、機能としての意味はあるわけだ。

      だが、所詮お金はお金であってモノじゃない。

      其処を勘違いしちゃイカンと思う。

      そんな肝心な部分を忘れて、お金自体に価値を見出だしちゃダメだよね。

       

       

       

      | じじいの独り言 | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
      先祖帰り
      0

        JUGEMテーマ:つぶやき。

        こんにちはikeです

        20日の金曜日はゴールドコーストから帰国した知人のご接待で飲み、その後にフラフラと夜の巷を徘徊した。

        そこでまた別の友人と遭遇し、土曜日の昼まで付き合う羽目になった。

        まったくアホの極みである。

        携帯のバッテリーは上がるし、これでは何も出来ん状況だ。

        結局は土曜日の午後に帰宅し、そのまま寝てしまったのである。

         

        私は年に数回ブログを落とすが、その理由はだいたいが酒がらみである。

        リーマン時代には、どんなに飲んでも無遅刻無欠勤を誇った私だが、ブログだと気が緩むのであろう。

        ついつい、その場の状況に流されてしまうのだ。

        一昨日から昨日にかけては、下町系の知り合いと飲んだ。

        そこで昔話に花が咲いて、酒が止まらなくなってしまったのである。

        どうも私は下町系のノリには弱いようで、話が盛り上がると名前通りのイケイケになってしまう。

        最近は下町で面白そうなイベントが企画されているらしい。

        そんな話を聞かされると、気分は10代の昔に戻ってしまうよね。

        私はそんな下町の混沌とした環境で育ち、そしてそこから違う世界に飛び出して行ったのだ。

        その結果として、もっと別な遊びを知ったのだが、心の奥底には下町の基準が残っている。

        そんな根本的な部分を刺激されると、今でも血が燃えるのだと思う。

        ふと思えば、私はそんな下町の基準を嫌い、もっと違った世界に憧れたはずである。

        それが今になって、先祖帰りみたいに下町の話で盛り上がっているのだ。

        こりゃいったいどうなっているのかね?

        まぁこれも何かの縁だと思うので、しばらくはそんな付き合いを大事にするつもりである。

        これじゃ今までの努力を否定するようなもんだが、ここ数年の湿気た雰囲気を一掃するチャンスなのかも知れんな。

        この下町回帰の流れがこの先どうなるかはわからん。

        一時的なものかも知れんし、長期的に活動の方向が変わるのかも知れん。

        まぁ、アロハシャツなんて元々が下町向きなもんだし、今のままでもいいの問題は無かろう。

        ある意味では、原点回帰も悪くないと思うね。

         

        私は下町のスラム街で育ち、そこから別の世界へと旅立っていった。

        たぶん、当時の私は狭い世界で満足出来なかったのだと思う。

        新しい刺激を求めて遊び回っていて、また元の世界に戻るのも妙なもんだが、それも面白いかも知れん。

        それが単なる一時帰国なのかどうかはわからん。

        とりあえずは、楽しめるならそれもいいと思っているのだが。

         

         

        | じじいの独り言 | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
        海外に滞在するなら
        0

          JUGEMテーマ:つぶやき。

          こんにちはikeです

          過去のデータベースを片付けていると、ソウルのジャズバーで撮った写真が大量に出てきた。

          たかだか7〜8年前の事なのだが、改めて眺めてみると、ずいぶん昔の出来事のように感じるもんだ。

          確かこの時は、お袋さまの荷物持ちでソウルまで出掛けたのだと思う。

          最近はおとなしくなったが、当時のお袋さまは海外旅行が大好きで、世界中を飛び歩いていた。

          私より海外に滞在した年数は多いと思う。

          私はアラブに2年滞在したが、それ以外ではハワイに何度か遊びに行ったくらいの海外経験しかないのである。

           

          私は20代の初めにアラブ諸国を仕事で飛び歩いたが、それ以外では短期の海外滞在しか経験していない。

          ハワイは何度も遊びに行っているが、すべて1ヶ月以内の滞在である。

          あまり滞在したくないアラブの砂漠には長期間拘束されたが、これは一種の拷問であろう。

          我が家は何故か海外に滞在するチャンスが多いのだが、その中で私だけはそんな経験が乏しいのである。

          親父さまはソビエトや東欧諸国を回っているし、お袋さまは平気で半年くらい海外に滞在してしまう。

          弟に至ってはほとんど日本に居ないのである。

          さて、アロハ屋の私はどうかと云えば、ダラダラと日本国内で過ごしているだけなのだ。

          忙しない日常に流されていると、こうなってしまうのかも知れん。

          アロハ屋を始めた時期はハワイやバリ島に出張したもんだが、最近はハワイすらご無沙汰である。

          まぁ近いうちに、生活のパターンを変えなきゃならんだろう。

          海外に滞在すると何が良いかと云えば、基本的な生活が変わるのである。

          とにかく、現地の常識に自分を合わせるしかないわけだ。

          食べ物にしても、毎日3食マックを喰い続けるわけにはイカンだろう。

          やはり、地元民と一緒に飯を喰うべきだろう。

          私はハワイに滞在するならノースショアがいい。

          あの呑気な空気がすきだからだ。

          うちの社外スタッフのTの実家も近いし、たまにはグランパとビールでも飲みたいと思う。

          そして、夜はアラモアナのライブハウスで演奏を楽しみたいもんだ。

          アラモアナの夜は深くて、夜遊びをするならなかなか面白いのだ。

          海外に出ると、私はすぐにその土地に馴染んでしまうのである。

           

          私は宿が決まれば、基本的にそこを基点にして行動するようにしている。

          宿を選ぶ基準なんて適当だが、ある程度のセキュリティは必要だよね。

          それさえ確保できれば、あとは気に入った飲み屋を探すだけである。

          地元民と一緒に同じ酒を飲むのは楽しいもんだ。

          アラモアナでもソウルでも、私の行動は同じなんだけどね。

           

           

          | じじいの独り言 | 09:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
          ダブルワークのメリット
          0

            JUGEMテーマ:つぶやき。

            こんにちはikeです

            私は長いことリーマン生活を送っていたが、その間は昼の顔と夜の顔を使い分けていた。

            昼はやる気のないリーマンだが、夜になるとキリっと引き締まったギャンブラーになったもんだ。

            こんな二重生活を続けていると社会を見る目が広がって、一般的な社会生活には興味が湧かなくなってくる。

            それでもリーマンを続けていたのは、得意先への義務感があったからなのだと思う。

            勤務先に対しては何の義理もないし、世話になった覚えもない。

            私は単に自分の時間を売っていただけなのである。

             

            世の中には「ダブルワーク」なんて働き方があるらしいが、リーマンだろうとバイトの若者だろうと、どんどんやればいいと思う。

            私もダブルワークのつもりでギャンブルに手を出し、結局はその世界から撤退した。

            通算成績は±0だったと思うが、一番元気な30代のほとんどを無駄にしてしまったわけだ。

            結果的には、もっと他にやる事があっても良かったと思う。

            まぁ、そんな考えは後知恵なんだけどね。

            さて、与太話はさて置き、私たちは社会に出ると狭い社会に閉じ込められてしまうもんだ。

            そして、その狭い社会でしか通用しないイレギュラーなローカルルールを徹底的に教え込まれる。

            問題はその狭い世界で教え込まれるルールなんだと思う。

            それが一般的に通用するならいいのだが、だいたいが偏ったルールなんだよね。

            そして、私たちはいつの間にかそんな狂った常識に染まってしまうのである。

            そうならないためにも、常に別の世界を体験するべきだと思う。

            私は高額なギャンブルの世界で先生と呼ばれる人たちと接触を持ったが、この種の人たちにはケチな常識は通用しないのである。

            まぁ、私は若い頃から夜遊びで鍛えていたから付き合えたのだろう。

            そして、そんな先生方から遊びを通じて色々な事を教えられた。

            反社会的なネタも多かったが、彼らはそんな常識を超越している人種なのである。

            そんな遊びをしていると、広告屋の底辺がいかに異常な世界なのかとわかってしまう。

            すると、狭い世界でケチな競争をするなんてバカくさくなってしまう。

            広く世界を体験すれば、違った観点から判断するようになるもんだ。

            なので、多少は無理をしてもダブルワークをしてみるべきだと思うな。

             

            日本の社会では、それぞれの企業が勝手なローカルルールを社員に押し付けるもんだ。

            そして、洗脳された社員はそこでしか使えないようになってしまう。

            これじゃイカンと思うが、私はどうこう言える立場じゃない。

            精々が、ダブルワークをお奨めするくらいである。

            強制的に違う世界を体験するためには最適だと思うのだが。

             

             

            | じじいの独り言 | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
            | 1/931PAGES | >>