CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
短い秋を過ごす酒
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    ここ数日は暑いくらいの陽気だったが、昨日から急に気温が下がり、確実に秋は深まっている。

    そして、短い秋が終われば閉ざされた冬が訪れるのである。

    私はこの時期になると酒類を買い貯めするようになるが、何か理由があるのだろうか?

    これから酒が美味くなる季節になるのは間違いないが、自宅で飲むチャンスは少ないと思うのだが。

     

    我が家には常に酒のストックが在るのだが、暖かい時期はウイスキーが増え、寒くなると日本酒が増える。

    寒くなれば、日本酒を冷蔵庫に保管する必要がなくなるからである。

    なので例年の如く、酒庫に一升瓶を置くスペースを確保した。

    だが、まだ本格的に気温が下がっていないので、日本酒は購入していない。

    それに、飲みかけのウイスキーが何本か在るので、先ずはそれを片付けようと思っている。

    先日、私はあるバーの無礼な振る舞いに怒り狂って、預けてあったボトルを引き上げてきたのだが、まだそのウイスキーは残っている。

    ご丁寧にボトルには私の名前まで書いてあるわけで、いつまでも自宅に放置しておく訳にはいかん。

    さっさと飲み干して、この件は忘れてしまいたいと思っている。

    私は美女に誘われて美味しい酒が飲めると思っていたのだが、世の中はうまく行かんものである。

    お店のママさんが何を考えていたかはわからんが、私にだって言い分はある。

    美女には迷惑をかけてしまったが、4本置いていたボトルのうち無傷の1本だけはお詫びの意味で残してきた。

    それでいいだろう。

    私のバーボンが2本と美女からのプレゼントであるアイラモルトのボトルは無事に持ち帰ったわけだ。

    さて、ターキーとジャックは日常的に飲んでいるから問題ないが、アイラのラガブーリンにはなかなか手が出せないでいる。

    やはり、それなりのシチュエーションを整えなきゃイカンよな

    食器棚からテイスティンググラスを引っ張り出してストレートで飲んでみたいと思っている。

    秋の夜長を独りで過ごすならこんな飲み方がいい。

    いつものバーボンじゃ風情がないよね。

    まぁ、こうやって飲んでいるうちに気温も下がり、日本酒の季節がやって来るだろう。

    今年は短い秋をアイラモルトと過ごすわけだ。

    これもけっこう素敵な過ごし方かも知れないね。。

     

    我が家の酒庫は階段下のスペースで、酒を置くには丁度良い広さがある。

    其処にはバーボン、スコッチ、、ジン、ラム、テキーラ等の蒸留酒が保管されている。

    だが、ワインと日本酒は特別待遇で冷蔵庫保管である。

    日常的に飲む酒はダイニングに置くのだが、先日持ち帰ったボトルにはマーカーで名前が書いてあるので、保管庫に置く訳にはいかん。

    なので、ダイニングに置いてあるのだが、その状態だとなんか妙な気分になるのである。

     

     

     

    | じじいの独り言 | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
    1日の区切り
    0

      JUGEMテーマ:つぶやき。

      こんにちはikeです

      世間の基準では1日と云う期間は深夜0時に始まって23時59分59秒に終る。

      ところが、それが当然だと思っていても、実際には朝目覚めた瞬間に私たちの1日は始まるのである。

      これは動物的な感覚なんだろうね。

      まぁ、寝ているうちに1日が始まっていても、そりゃ誰も気が付かないもんだよな。

       

      私が子供の頃は、1日のうちで夜の時間帯の比率が小さかったと思う。

      あまり夜更かしする人も少なく、社会全体が陽の出と共に動き出し、日暮れと共に終わっていた。

      それが、いつの間にか社会は24時間化してしまったのである。

      仕事に追われて朝まで残業するのは当たり前になったし、コンビニだろうがチェーンの居酒屋だろうが、休み無しに24時間営業をしているわけである。

      つまり、深夜の時間帯ににそれだけの需要が生まれているわけだ。

      そうでなければ深夜営業なんて誰もやらんよね。

      正直のところ、私は早寝早起きタイプなのであるが、飲み屋は夜しか営業していないので、仕方なく夜遊びをしているわけである。

      動物的な観点から生活パターンを考えると、昔ながらの陽の出〜陽の入りを基準に生活するのが理に叶っているのだと思う。

      確かにそれが健康的な生活なんだよね。

      だが、そんな現代社会はそんな簡単なもんじゃない。

      世界規模の経済の流れに対応するには、やはり24時間化が必要になってくるのである。

      私たちが惰眠を貪っている間にも、地球の裏側では何かが起こっているわけだ。

      つまり、世界は狭くなったのである。

      まぁ、社会インフラはいくら使ってもコストはかからんわけで、夜間遊ばせているくらいなら使うべきだろう。

      例えば道路や通信設備なんぞは24時間使えるわけだ。

      オフィスなんかでも、夜間は寝かせているだろう。

      そんなインフラを無駄にしないためにも、24時間化は進めるべきだろうね。

      そんなきちんとした理屈であれば、私は生活を夜型に変えてもいい(笑)

      それこそ深夜0時に起きて働くようになるわけだ。

      それじゃ、あまり今と変わらないのかも知れんけど(笑)

       

      私は経済の発展のためには社会の24時間化を推進するべきだと思う。

      労働者の健康面では問題があるかも知れんが、その分は賃金を上乗せすりゃいい。

      そうすれば、社会インフラをフル活用出来てロスが無くなるわけだ。

      私は現在の生活が多少変わるだけで済む。

      これからは、朝から酒を飲むのが普通になるのかもね。

       

       

       

      | じじいの独り言 | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
      2017年10月12日のつぶやき
      0
        09:59
        スタイルを維持する https://t.co/lGEIUkOHtu #jugem_blog
        | じじいの独り言 | 03:01 | - | - |
        スタイルを維持する
        0

          JUGEMテーマ:つぶやき。

          こんにちはikeです

          私は気に入ったモノがあると延々と使い続けるのだが、その道具を気に入るまでの試用期間が長い。

          何年も使い続けてから、初めて愛用の品となるわけである。

          ただ不思議な事に、人間だけは初対面でも愛する事が出来たりするね(笑)

          まぁ短い人生なんだから、1つでも多くのお気に入りの品や素晴らしい人を見つける方がいい。

          そんな幸せに囲まれて過ごす時間は最高なのである。

           

          私はリーマンという生き方から脱落して、今では本来の自分のスタオイルで生きるようになった。

          リーマン生活から引退したのが48歳の夏だから、来年にはもう1年になる。

          私は元々から自分勝手な性格だったし、よく窮屈なリーマン生活を25年も過ごせたと思っている。

          それくらい現在の生活は楽なのである。

          リーマン時代に比べれば所得は減ったと思うが、可処分所得はあまり変わらないような気がするね。

          つまり、何の意味も無いお付き合いや日常の義理で使う金額が半端無く多かったという証拠であろう。

          私は今では可処分所得と自由な時間を100%自分のために使うことが出来るわけだ。

          そうなると、その満足度は今の方が大きくなるのだろう。

          さて、私は自分の気に入った道具と良い仲間に囲まれて遊び呆けているわけだが、そんな中で自分のスタイルを維持している。

          よくのうのうと遊んでいられると思うが、生活のコストが激減したから私はその差額で遊んでいるのだろう。

          1年中アロハシャツで過ごし、スーツなどの被服費が激減した差額はかなりな額だ。

          そして、くだらんお付き合いはゼロになった。

          なので、今の所得でも十分に自分のスタイルを維持できるのだと思う。

          まぁ、フリーになるといろいろな雑所得も増えるし、贅沢をしなけりゃ何とかなるもんである。

          こんな自由なやり方が、私のスタイルなんだろう。

          そのうち大儲けでもすりゃヨットでも買えばいいし、本当にお気楽なもんである。

          中途半端に苦しい思いをして遊んでいるより、よっぽど合理的だと思うね。

          こんな生活がいつまで続かはわからんが、下手すりゃ死ぬまでこのままなのかも知れんな(笑)

           

          現在の私は自分の気に入った品に囲まれ、愉快な仲間と遊んで暮らしている。

          そりゃいろいろ面倒な出来事もあるが、それでもリーマン時代よりストレスは軽減されている。

          ふと思えば、私の周囲にはこんなタイプの人間しか居ないわけで、類は友を呼ぶという格言は当たっているわけだ。

          私はアロハシャツを着てそんな仲間と遊び回っているのである。

          余りに楽なので・・・長生きしてしまいそうだよな。

           

           

           

           

           

           

          | じじいの独り言 | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
          健全な政治思想
          0

            JUGEMテーマ:つぶやき。

            こんにちはikeです

            私はスラム街に育ち、暴力大学で学んだ特殊なエリートなのであるが、それほど思想的には偏っていないと思う。

            だいたいが、右翼や左翼といった括りで判断出来るほど、私は単純じゃないのである。

            私にとって大事なのは、自分が好き勝手に生活する事だけなのである。

            極論すれば、私に悪影響を及ぼさない限り、誰が首相になろうとも関係無いのである。

             

            今の日本は国内に限っては平和で安定した社会になっていると思う。

            余計な心配をしなければ、かなり満足度の高い生活が可能であろう。

            正直のところ、自分が置かれた立場に拠っては不満もあるだろうが、そりゃ我が儘ってもんだろう。

            実際に、そんな不満の殆どが金で片が付くわけで、それが無いからストレスを感じているだけだと思う。

            別に私はリッチなわけじゃないが、ヨットが無くとも、田舎住まいであっても呑気に暮らしている。

            まぁ、贅沢を言ったらキリがないというだけの話だと思う。

            さて、話は元に戻るが、今の日本は豊かである。

            そして私は呑気に暮らしているわけだから、とりあえず現在の政治に文句は無い。

            ただ、代議士も下品になったと思うだけだ。

            それは私たち国民の責任なのかも知れんな。

            この程度の話ならどうでもいいが、国際情勢がからむと厄介だよね。

            基本的に日本は島国だから安全ではあるが、今はミサイルが飛んで来るような情勢である。

            そんな事態に陥ったらどうなるのかね?

            そうなりゃ私たちの命の保証も無いわけで、不倫がどうたらなんて言っているヒマは無いだろう。

            その時どうするかをハッキリしてほしいもんだよね。

            少なくとも、そんな非常時にアウアウ言ってるようじゃダメじゃないか(笑)

            こんなもんは主義主張の問題じゃなくて、個人の資質なのである。

            なので、私は主義主張にこだわらない。

            いざという時に安心な代議士を選びたいと思っているのだが、そんな候補が我が選挙区に居るのかね(笑)

             

            基本的に私たちの生活は満たされていると思うが、それがいつまで続くかはわからん。

            そりゃいつの時代にも問題は在るわけで、全てが満たされるわけがない。

            そう考えれば、今は天国なのだろう。

            選挙が終われば、何かが変わるかも知れんな。

            良い方に変わってくれればいいのだが...

             

             

             

             

            | じじいの独り言 | 07:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
            << | 2/883PAGES | >>