CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
ヨットもボートも・・・
0
    JUGEMテーマ:スポーツ
    こんにちはikeです。

    私はヨットを売却してからずいぶん経つが、現在は尾山台のK大社長と一緒に久里浜でパワーボートをやっている。
    ヨットのような優雅さは無いが、それでもスピードが出るから保田あたりまでなら短時間で往復できる。
    たまに城ケ島あたりまで仕掛けを流しながらのんびりクルージングする事もある。
    私の嫁さんを散骨した相模湾の赤白ブイまで墓参り(???)にもこのボートで行っている。
    やはり、私は船が無きゃ生活が出来んのかも知れんな。

    ふと思えば、私はわずか数年前までヨットを共同で所有し、ハーバーでのうのうと週末を過ごしていた。
    ところが、そんな生活もちょっとしたきっかけで崩壊し、現在は細々とボートで遊んでいる。
    ボート遊びは派手に見えるが、実は決定的に優雅さに欠けると思う。
    ヨットにはダラダラ感が溢れているのである。
    何やら目的が在るようで無いようで、ただひたすら無目的にクルージングするだけで満足が得られる。
    ところが、ボートだとそんなにダラダラ走れんのである。
    その代わりスピードだけは出るから、何か目的があってのクルージングなら目的地までの所要時間は大幅に短縮できる。
    つまり、優雅さと引き換えに時間を得られるのである。
    忙しい時間を割いて遊んでいるって切迫感が出てしまうのは、それが原因なのだろう。
    まぁ、それはそれとしても、スピード感が味わえるのは間違いないと思う。
    スピード狂には堪らんだろうね(笑)
    私はヨットとボートの両方とも好きだが、それでもヨットの方が自分の性格には合っていると思う。
    その理由はいくつかあるのだが、ヨットは風任せなので、そんないい加減なところが好きなのだろう。
    スピードは出ないけど、ゆったりした安定感もあるし、自然に身をゆだねているような気になってしまう。
    ボートだと人間の力だけで海上を移動しているような気もするし、なんか自然に対して私たち人類が思い上がっているような感じがするのである。
    現在の私はボートだけで満足しているけれど、余裕が出来たらヨットも欲しいと思う。
    やはり、自分が自然と一体になったような気分を味わいたいからね。
     
    私たちの愛艇Cirrusは古いヨットだったが、けっこう内装が贅沢でキャビンで酒を飲んでいると素晴らしい雰囲気を感じられたものだ。
    今のボートは近代的な感じがして、コクピットに座っているような気分になる。
    どちらも楽しいけれど、元気な時ならボートでスピードを出すのも面白い。
    でも・・・ゆっくり酒を飲むならヨットの方がいいよね。
    極論すれば、ボートもヨットも両方やればいいってだけの話なんだけどさ(笑)

     
    | スポーツ | 05:51 | comments(0) | - |
    << | 2/87PAGES | >>