CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
喫煙者への虐待?
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    私はかなり年季の入った喫煙者なのだが、我が家は基本的に室内は禁煙になっている。

    お袋さまが30年ばかり前にガンを患ってから、室内が禁煙になったのである。

    その代り、2Fのベランダと庭の縁台が喫煙スペースとなっており、そこでなら遠慮なくタバコを吸う事が出来る。

    なので、私は自宅に居る間はその2か所で過ごす時間が多い。

    暖かいうちはいいのだが、冬になると寒くて長居は出来なくなるのだが・・・

     

    ここ数年で喫煙人口は激減したらしいが、それでもタバコを止めない(止められない??)人は多いと思う。

    オリンピックの開催までは、私たち喫煙者への虐待が続くのだろう。

    まったく困ったもんである。

    例えば駅前なんかで待ち合わせをする際にも、わざわざタバコが吸える喫茶店を探さなきゃならんのである。

    そして「喫煙可」という喫茶店もずいぶん減ったと思う。

    これからは、飲食店なんかでも喫煙が制限されていくらしいが、どこまで規制されていくのかと考えると不安になるよね。

    バーや居酒屋までも禁煙になるらしいが、それでは酒が美味くない。

    そうなったら、喫煙可というバーを自分で経営せにゃならなくなってしまうだろう。

    酒飲みがバーを経営するなんて自殺行為なんだけどね。

    まぁ、与太話はさて置き、世間でこの傾向が続くならタバコを止めた方が早いような気もするね。

    そんな事をすれば、愛煙家たちから「裏切者」という烙印を押されてしまうだろうけど、それも時代の流れなのかも知れんな。

    タバコは立派な文化なのに、それが廃れていくのは残念だよね。

    30年前までは灰皿付きの電車やバスが走り、駅のホームでもタバコが吸えたのである。

    それが今では全面的に禁煙になっているわけで、世の中も本当に変われば変わるもんだと思う。

    実際のところ、若い世代のタバコ離れも進んでいるし、私たちの世代が滅びる頃には喫煙人口もゼロに近くなるかも知れん。

    ならば、あと30年もすれば自動的にそうなるだろう。

    私たちは最後の喫煙世代として、タバコの絶滅に立ち会う事になるはずだ。

    そんな場面に遭遇したくはないけど、これも時代の要求なんだろうね。

     

    私は中学時代にショートピースを吸い始め、大学生になった頃にはいっぱしの喫煙者に育っていた。

    喫煙歴はもう45年くらいになる筈である。

    20歳くらいから1日に1箱を消費するようになっているから、ずいぶん税金を払っていると思う。

    まぁ、タバコを吸って良い事なんて1つも無かったが、それでもストレス解消には役立っているだろう。

    たぶん・・・私は死ぬまでタバコを止められないだろうね。

     

     

    | じじいの独り言 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
    2018年07月21日のつぶやき
    0
      11:34
      冴えない週末になりそうで・・・ https://t.co/4W8alR5mMa #jugem_blog
      | じじいの独り言 | 03:00 | - | - |
      冴えない週末になりそうで・・・
      0

        JUGEMテーマ:つぶやき。

        こんにちはikeです

        誰もが週末を楽しみに働いていると思うのだが、いざ当日になってみても余りの暑さで何もやる気が出ないと思う。

        実は私もその1人なのだが、せっかくの休日だと云うのにダラダラ過ごしてしているのである。

        昨日は陽が落ちてから飲みに出かけたのだが、もうそれだけで週末が終わってしまった気分になっている。

        夏が暑いのは当たり前なのだが、この異常なほどの暑さでは日中は何も出来んよね。

        とりあえず、今は昼寝でもして体力を温存するしかないのかも知れんな。

         

        せっかくの週末を何もせずに過ごすのは勿体ないと思うのだが、この暑さでは何も出来ないと思う。

        そして恐ろしい事に、この夏は始まったばかりなのである。

        夏と云えばバカンスの季節なのに、何処にも出かける気にならんのには困ったもんだ。

        普段の週末であれば、我が家の前の道路は遊びに出掛ける人たちの話声でにぎやかなのだが、今朝はそんな声すらしないのである。

        みんなエアコンの効いた室内に引きこもっているに違いない。

        ふと思えば、私は20代の前半にアラブ諸国を飛び回っていたのだが、その時の最高気温は確か54°だったはずだ。

        車のボンネットや金属製の工具なんかは素手で触れない温度になっていた。

        そんな過酷な環境で働いていたのに、今はたかだか35°くらいでヘロヘロになっているとは情けない話である。

        私も年を喰ってヤワになったもんだと思う。

        ただ、アラブの砂漠は気温こそ高いけど、湿度は限りなくゼロに近いので、石油タンクなどの日陰に入ればけっこう涼しいもんだ。

        日本の夏は湿度が高いから、単なる気温だけでは較べられないのかも知れないね。

        それにしても、この暑さでは、何をすればいいのかも思いつかん。

        自宅で出来る娯楽なんて限りがあるし、ただ暑さをしのいでいるだけじゃ面白くも何ともないと思う。

        かと言って、必要以上に働くのも考えもんだ。

        とりあえずはシャワーでも浴びて考える事にするが、たぶんアイデアは何も浮かばないだろう。

        なんか・・・冴えない週末になりそうな予感がするんだよな。

         

        先ほど室内の温度計をチェックしたところ室温は35°であったが、これは体温とほぼ同じ温度である。

        湿度がどれくらいなのかはわからんが、たぶん80%を超えているだろう。

        これじゃ外出する気分にもならんし、そうめんでも喰って昼寝をするしかないと思う。

        冷たいシャワーを浴びたら、あまりの気持ち良さで風呂場から出たくなるかも知れんな。

         

         

         

        | じじいの独り言 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
        2018年07月20日のつぶやき
        0
          11:45
          無意識のうちに脳味噌は働く https://t.co/CH6HBhixme #jugem_blog
          | じじいの独り言 | 03:00 | - | - |
          無意識のうちに脳味噌は働く
          0

            JUGEMテーマ:つぶやき。

            こんにちはikeです

            世の中には俗に「見える人」と呼ばれる人種が居るが、私は単なる目の錯覚だと思っている。

            肉体的に疲れていたり、精神的に追い詰められていたりすると、人間の脳味噌は異常をきたすもんだからである。

            私は薬物中毒で半狂乱になった人を見たこともあるし、仕事上のプレッシャーでノイローゼになった人も知っている。

            つまり、何かしら悪い作用が続けば、人間の精神は崩壊するのだろう。

            実は私もそんな経験が在るが、自分では飲み過ぎておかしくなったとしか思わんのだが…

             

            先日、知り合いと車に乗って都内某所を走っていたのだが、私は変なモノを見た(世に言う幽霊みたいなもんを見たのである)

            同乗していた知り合いには見えなかったらしいが、私には見えた(ような気がする)

            たぶん、単に疲れていただけなんだと思う。

            私たち2人は車の中から、正面に見える高架下の駐車場に放置されている白っぽい事故車を見ていたのだが、一瞬だけその車の窓から、紺のTシャツを着たオッサンが顔を出したのである。

            ほんの2〜3秒の出来事だが、私が「変なオッサンが居ましたが、見えました?」と聞くと、同乗者は当然ながら見てないと云う。

            2人で同じ事故車を見ていても、見える人と見えない人が居るのだろう。

            別にオカルティックな話じゃなくて、単に私は夜遊びで疲れていたに違いない。

            そんな疲れた脳味噌が、私を怖がらせようとして、事故車の幽霊と云うストーリーを考え出したのだと思う。

            詳細なデータを記すと、場所は天王洲の近くの高架下で、車は車種は不明ながら白っぽい4ドアセダンである。

            時間は朝の9時半くらいで、恐怖を感じる時間帯じゃない。

            その壊れ具合から私たちは事故車と決めつけているが、単なる放置車両なのかも知れんな。

            実際のところ、通りがかりで目についた事故車を眺めていて、私があり得ないモノを見たような気がしたと云うだけの話である。

            私が遊び過ぎで疲れていたのか、あまりの暑さでボケていたのかはわからん。

            世の中には理屈で解明出来ない話は多いけど、この場合は単に目の錯覚だったと思う。

            当事者が認めているのだから間違いないが、私はそんな悪戯をする自分の脳味噌が大好きだ。

            好意的に考えれば、脳味噌は私の遊び過ぎを戒めてくれたのかも知れんな。

            私の体を気使ってくれるのは嬉しいが、私にとっては余計なお世話なのである。

             

            私たちは普通に生きているだけでも、何度かは不思議な現象に遭遇する。

            日常的な生活の中ではあまり体験する事も無いが、非日常的な場面ではけっこう頻繁に起きるもんだ。

            ギャンブルの場面では、何の根拠も無く相手の手役が読めたりするし、嫌な予感がする時もある。

            これは無意識のうちに脳味噌が働き、複雑な計算をこなした結果としてそれを報告してくれているのだろう。

            つまり、無意識のうちに脳みそは働いているのである。

             

             

            | じじいの独り言 | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
            << | 3/956PAGES | >>