CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ALOHA FACTORY
MOBILE
qrcode
昭和の時代に戻ったならば
0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    こんにちはikeです

    せっかく暖かくなってきたところなのに、週末は寒く冴えない天気になってしまった。

    私は野暮用に追われて働くだけなので、週末の天気はどうでもいい。

    ただ、寒いのは嫌だよね。

    もう冬物は片付けてしまったし、アロハシャツ1枚で外出する気温じゃないと思う。

    だが、自宅に引き込もっていても仕事は進まんし、どうしたもんかと悩んでいるところなのである。

     

    今でこそ週休2日制は当たり前になっているが、私が社会人デビューした当時は日曜・祝日しか休めなかった。

    そして、土曜日は「半ドン」なのである。

    今では死語になってしまったが、30年前までは土曜日の勤務が半日だったわけで、私たちはそれを「半ドン」と呼んでいたのである。

    明治時代には、お昼になると皇居で時報代わりに大砲を撃っていたようで、それを「半ドン」と呼んでいた名残なんだろう。

    昭和までの日本人はけっこう真面目に働いて居たのだと思う。

    それが今では週休2日制に甘えている。

    それだけ社会が豊かになったのだろう。

    ふと思えば、土曜が半日だった頃に私たちはどんな週末を過ごしていたのだろうか?

    たいした娯楽も無い時代だったし、土曜の午後に帰宅しても中途半端なのである。

    翌日の遊びの準備でもしていたのだろうけど、休みが1日だけじゃ何も出来ないと思う。

    そう考えれば、週休2日制は素晴らしいシステムなのである。

    私はフリーになってから自分の都合で働けるようになったが、そうなってみると週休2日制のありがたみを感じるようになった。

    つまり、フリーになれば毎日が休日なのだが、逆に毎日が労働日でもある。

    休めるけれども休めなくなってしまうわけだ。

    これが現実なんだよね。

    キッチリ決まったスケジュールで働きたいならリーマンの方が楽だと思う。

    まぁ、私はそこまで考えず、軽い気持ちでフリーになった。

    そして、今になって週休2日制のありがたみを痛感しているわけだ。

    今週末は天気も冴えないし、ボートに乗る気にもならんから、まじめに働くのも苦にならんけどね。 

     

    私がフリーになってから2年くらいは仕事も順調で、無理してまで働く気にならなかった。

    当時はそれが普通だと思っていたが、現実はそんなに甘いもんじゃない。

    トラブル続きで落ち目になれば、せっかくの週末に働かなきゃならんようになる。

    これは自分が招いた状況なんだから、自分で始末をつけなきゃならんのだろう。

    まぁ、昭和の時代に戻ったと思えば、これが普通なんだけどね。

     

     

    | じじいの独り言 | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
    4〜5月はアロハシャツの時期
    0

      JUGEMテーマ:つぶやき。

      こんにちはikeです

      暖かくなってくると誰もが軽めのアウターを羽織るようになるので、道行く人たちの着こなしもカラフルになってきた。

      冬物の黒っぽいアウターはそろそろクロゼットの中に収納されてしまう時期なんだろう。

      今までは駅に向かう人の流れが黒く見えたのに、今ではそれも明るい色になり、派手な蛍光色も増えてきたと思う。

      そして、街の雰囲気も和やかになっている。

      やはり暖かくなると…誰もがのんびりした気分になるんだろうね。

       

      慌ただし年度代わりも終わり、世間はやっと通常モードに戻ってきた。

      ただですら忙しい中、私は風邪を引いたり、携帯を失くしたり、余計な事でバタバタしてしまった。

      それもやっと片付き、出遅れ感もある中でこれから再スタートである。

      私は子供の頃から、この出遅れ感が大好きだった。

      かなり呑気な子供だったのであろう。

      そんなにガツガツしなくてもどうにかなると思っていたからである。

      ずいぶん余裕をブッこいていたもんだよね。

      まぁ、結果としては人間の能力なんてチョボチョボである。

      ガツガツしたからって良い結果が出るもんじゃない。

      ならば、呑気にアロハシャツでも着て過ごすのが自分には向いていると思う。

      私は高校時代にアロハシャツに出会い、呑気な自分にピッタリだと感じた。

      つまり、それ以前の私には自分のスタイルが無かったのだろう。

      呑気な自分の性格を満足させるには、アロハシャツの持つルーズな雰囲気が必要なのだと思う。

      仮にハワイに住んでいれば、何を着てもフィットするだろうけど、日本じゃ無理である。

      それでもやっと暖かくなり、アロハシャツで外出できるようになった。

      これから5月にかけて、素晴らしい気候になると思う。

      世間は新年度のスタートで忙しいのだろうが、私は呑気にアロハシャツを着て春の陽気を楽しんでいる。

      まだ仕事モードになるのは早いのかも知れんな。

       

      アロハシャツで過ごすなら、4〜5月の湿度の低い時期がいいと思う。

      レーヨンのサラサラ感が楽しめるからだ。

      なので、やっとバタバタが収まったにも関わらず、私はあまり働く気にならないでいる。

      呑気な性格はいいけど、これじゃ怠け者であろう。

      アロハシャツを着てしまうと、勤労意欲は低下するのかもね。

       

      | じじいの独り言 | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
      生体機能に合わせた効率化
      0

        JUGEMテーマ:つぶやき。

        こんにちはikeです

        4月も上旬になれば春も真っ盛りなわけで、私たちの脳味噌は少しずつ緩んでいくと思う。

        正常に機能している脳味噌でも狂ってくるくらいだから、私のように好き勝手をやっている人間は特に気を付けなきゃイカンのである。

        何をしでかすかわからんからね。

        長い冬を耐え切って、緩みまくっている脳味噌は暴走する可能性が高いのである。

        世間では「木の芽の時期」 なんて言うけれど、これって春を喜ぶ本能なのかも知れないね。

         

        私がリーマン時代に勤務していた会社には春先になると挙動不審になる社員が居たが、普段はおとなしいのに、この時期になると妙に活発になったもんだ。

        まぁ、人間なんて誰でも多少は躁鬱の気があるけれど、この人の場合はそれが極端に出るから目立ったのであろう。

        別に悪い人でもないのに、こんな部分が目立つとリーマンとしての評価は下がってしまうので、実にもったいない話なんだけどね。

        ちなみに、人間の脳味噌の構造として、夜間はどうしてもマイナス思考になるようだ。

        夜中に書いた文章を翌朝に読み返せば、あまりに悲観的な内容にビックリする事が多い。

        なので、私は深夜0時にブログを更新するのを止めてしまった。

        ブログの内容の是非はともかく、湿気たネタになりがちだからである。

        さて、そこで季節や時間帯によって人間の精神的な機能に変化がみられるのなら、私たちは効率アップのために行動の内容を変えた方がいいのではなかろうか?

        そんな都合の良い話ばかりでは無いとは思うが、春先は積極的な行動を心がけ、秋口からは新しい行動は起こさないようにすればいい。

        そして、企画などの前向きな議論は昼間にやって、夜間は頭を使わないで済むような単純作業だけをやれば良いのである。

        つまり、脳味噌の機能に合わせて行動する事により、効率を最大化させるわけだ。

        当たり前の話であるが、暖かい時期は肉体的にも運動能力が高まるし、脳味噌だって気分良く活動するだろう。

        どうせ働くなら、ベストコンディションでやった方がいい。

        そして、寒い時期は地味に冬眠するべきなのである。

        私の場合は季節商品を扱っているので、必然的に寒い冬の時期は開店休業になる。

        別に意図してやったわけでは無いが、結果としては暖かい時期に働くと云うパターンになっている。

        自己弁護に聞こえるかも知れんが、効率的な働き方になっているのだろう。

        これで潰れるようなら、それは私の経営能力が足りないだけだと思う。

        基本的に賢くとも、その能力を遊びに費やしているのではどうにもならん

        つまり、やり方は間違っていないわけだ。

        後は自分の行いを悔い改めるだけなのだろう。

        それが出来りゃいいのだが。

         

        さて、私たちの肉体と精神は春の訪れを本能に従って喜んでいる。

        今は小難しい理屈をこねるより、純粋に春の陽気を楽しめばいい。

        そのうち脳味噌も正常に戻り、しかも活性化するだろう。

        先ず大事なのは、冬の寒さで小さく固まった脳味噌を緩める事だと思う。

        すでに私の脳味噌は緩みまくっているのだが…



        | じじいの独り言 | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
        自宅の良さを再発見
        0

          JUGEMテーマ:つぶやき。

          こんにちはikeです

          幸せの基準は人それぞれだと思うが、私の場合は仕事に追われずダラダラしている時に幸せを感じるね。

          犬猫だって幸せそうに日向で寝そべっているではないか。

          なんか動物的な幸せだけど、私はヒマさえあればリビングのソファーで居眠りをしている。

          こんな瞬間には酒なんて飲みたくないし、BGMだって必要ない。

          ただひたすら居眠りをするだけでいいのである。

           

          さて、私は精神の安定を求めるために自宅のソファーで居眠りをするのだと思う。

          陽当たりが良く、程々に静かだし、居眠りするには最適なのである。

          快適に居眠りするにもそれなりの条件は必要なのだと思う。

          ふと思えば、私はリーマン時代に自宅のソファーで居眠りをした事が無かった。

          平日は出勤しているし、週末は遊び回ってばかりで自宅に居る時間なんて無かったね。

          それが今では、ヒマを見つけてはソファーに寝そべっているわけだ。

          正直のところ、今になって私は自宅の良さを再発見したのかも知れんな。

          こんな快適なスペースはなかなか無いのである。

          20年近く住んでいても知らない事は在るもんだ。

          たまには寝そべってビールも飲むが、ビールを飲むならベランダがいい。

          ソファーは安物だが、私が寝そべるのに充分なサイズがあるし、居眠りするには陽当たりもいい。

          まさに自宅の良さの再発見である。

          こんな素晴らしい快楽を私は20年も見逃していたのである。

          こんな快楽はヒマな自営業じゃなきゃ味わえんと思う。

          時間に追われるリーマンでは不可能なのである。

          私たちの身の回りにはこんな快楽が残されているのだろう。

          私の自宅にはビールを飲むためのベランダと、居眠り用のソファーがある。

          次に用意するなら、ウイスキー用のダイニングテーブルだろう。

          自宅で過ごす時間が増えたのだから、少しは快適に過ごすための投資も必要だよな。

          自宅で飲むようになったら、アル中になってしまうかもね。

           

          私は若い頃から自宅に寄り付かず、外で遊び回っていた。

          だが、フリーランスになってからは自宅で過ごす時間が増えた。

          だからこそ、自宅の素晴らしさが再発見出来たと思う。

          チャンスがあれば、自宅の内装にもお金をかけるべきだろう。

          快適な時間を過ごすための投資も必要だよな。

           

           

          | じじいの独り言 | 07:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
          2018年04月10日のつぶやき
          0
            10:04
            善人が社会を衰退させる? https://t.co/8xnH1ujIhd #jugem_blog
            09:59
            善人が社会を衰退させる? https://t.co/8xnH1uBj8L #jugem_blog
            | じじいの独り言 | 03:00 | - | - |
            << | 3/931PAGES | >>